初めての粉石鹸での洗濯にチャレンジした際に使用したものはミヨシのそよ風でした。

泡立ちもよく、初心者向きと書かれているのを見たからです。普通にスーパーでも買えますからお手軽ですしね。

参考 粉石鹸で初めて洗濯をしてみました

 

結果は大成功で、何の問題もなく、キレイに洗い上げることができました!

ミヨシのそよ風は石けん洗濯が初めての人には最適な粉せっけんかと思います。

 

けれども買った後にミヨシのHPを見てみると、金属封鎖剤のEDTA(エデト酸)や香料などが含まれていることを知りました。

個人的には安全性も考えて純石鹸(石鹸素地)のみ、もしくは純石鹸と炭酸塩だけの粉石鹸を使いたいと思うようになりました。

 

ということから、次にどの粉石鹸を買うかを決めるために調べたことを書いておきたいと思います。

 

 

無添加の粉石鹸

 

パックスナチュロン純粉石けん

 

うるおい洗濯せっけん

 

ミヨシ無添加衣類のせっけん

 

粉石けんスノール紙袋

 

しらかば粉石鹸999

しらかば999は実際に買って、洗濯したり、煮洗いに使ってみました。

参考 しらかば999を使った石けん洗濯

参考 煮洗いで黒かびのついたタオルのお手入れ。キレイに落ちるよ!

アルカリ剤(炭酸塩)配合の粉石鹸

 

パックスナチュロン粉石鹸(炭酸塩30%)

 

 

ミヨシのせっけん(炭酸塩40%)

 

 

しらかば粉石鹸(炭酸塩40%)【材料油脂】食用油の廃油

しらかば粉せっけんも実際に買って、使ってみました。

参考 ねば塾のしらかば粉石鹸はおすすめの粉石鹸

 

 

ふんわりふわふわ(炭酸塩15%)材料油脂】大豆バージン油】

 

 

しらかば2000快(炭酸塩15%)【材料油脂】パームヤシ植物油脂のみ使用

ねば塾のしらかば2000快も実際に使ってみました。

参考 ねば塾のしらかば2000快を使った石けん洗濯

 

 

しらかば粉石鹸SS(炭酸塩40%)【材料油脂】椰子油、パーム油

しらかば粉せっけんSSも使って洗濯してみました。

参考 ねば塾のしらかばSSを使って洗濯してみました

参考 しらかばSSでの洗濯は粉石鹸が大量に必要です

 

また、プリン状石けん(とろとろ石けん)も作りました。

参考 とろとろ石鹸(プリン状石鹸)をしらかばSSで作りました

 

 

実際に 自然丸を使って選択してみました。

参考 自然丸の粉石鹸を使った洗濯

参考 自然丸の粉石鹸を使った洗濯のその後

 

 

使いやすかった粉せっけんについて記事にしています。粉せっけん選びの参考にしてみてください。

参考 石けん洗濯の必需品、おすすめの粉石鹸を紹介するよ

 

アルカリ剤(炭酸塩)配合のメリット

 

粉せっけんには炭酸塩というアルカリ剤が入っていることが多いです。

 炭酸塩配合の粉せっけんのメリット

  1. 洗濯液のアルカリ性を保ち、洗浄力を維持する働きがある
  2. 石鹸カスができにくい

石けんの水溶液は常温でpH10前後のアルカリ性です。アルカリ性の環境下で洗浄力を発揮する石けんは酸に出会うと中和されて洗浄力がなくなるという特徴を持っています。

例えば衣類に付いた皮脂汚れ(蛋白質や油脂)は石けんで洗われている内に分解され弱酸性の脂肪酸となり、その酸にアルカリは中和されて石けん液は次第に酸性に傾き洗う力を失います。

しかし、pH範囲を最適な洗浄条件pH9.010.5(※2)に保つ働き(アルカリ緩衝作用)をする炭酸塩やケイ酸塩などがあらかじめ石けんに配合されていれば、極端な洗浄力低下は起こりません。

しかし、無添剤の石けんではアルカリ緩衝作用は期待できないので洗濯液は容易に酸性に傾き、汚れ落ちが悪くなってしまいます。

洗濯用「無添剤」石けんの問題点

 

まとめ

 

粉せっけんには色々な種類があります。

それぞれ原料(パーム油やヤシ油、牛脂など)が違います。原料が違うと、泡立ち、溶けやすさ、肌への刺激などが変わってきます。

 

だから、どんな粉せっけんが合うのか?ということを知っておくと粉せっけんを選ぶときの参考になります。

参考 石鹸の原料による違い

 

 

環境面や洗浄力、石鹸カスを抑えるということを考えると炭酸塩配合の粉石鹸がおすすめだし、コストの点から考えてみても無添加石鹸よりも炭酸塩を配合している方が安い。

 

ただ、ウールや絹などを洗うときには炭酸塩配合のものではなく、純石鹸のみで洗わなければいけないです。

 

私は炭酸塩は掃除や洗濯にも使うために買ってあるので、次回は無添加石鹸の中から選んでみたいと思います。無添加の粉石鹸を買えば、自分で炭酸塩を後から追加できますからね。

 

コスト的にしらかば粉石鹸999にしようかな?

もしくはジャボノン玉スノール。炭酸塩が15%配合されているしらかば2000快も捨てがたいです。

 

無添加石鹸の中でも、ねば塾のしらかば粉石鹸999はお値段的にも良心的なのですが、口コミを見てみると粉飛びが結構すごいらしいし、しっかりと溶かさなければ溶け残りが発生することもあるようです。

※しらかば999はこの記事を書いた当初は良心的な値段だったのだけど、残念ながら値上げになっていました。

 

ねば塾のしらかばは40度以上で使用(高温タイプ)と書かれているサイトもみましたが、お風呂の残り湯でもしっかりと溶かせば問題なしと書いてある人もいるし、さまざまですね。

こればっかりは自分で試してみるしかないのかもしれません。

【追記】

この記事を書いたあとに、いろいろな粉せっけんを使って洗濯しています。

 

無添加せっけんよりも、やっぱり炭酸塩入りが使いやすいです。

我が家の住んでいる地域は水道水の硬度が比較的高いみたいで、粉せっけんの標準使用量では足りないことが多いので、炭酸塩入りは必須な感じ。

 

水道水の硬度が低い地域に住んでいる方は、粉せっけんの量は減らせると思うし、炭酸塩入りでなくても、標準使用量できちんと泡立つような気がします。

 

粉せっけんで洗濯するときは住んでいる地域の水の硬度って大切なんだなぁと実感しています。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事