最近、粉石鹸での洗濯にチャレンジしています。

粉せっけんで洗濯してみた感想は、”もっと早くからやっておけばよかった”ということ。

 

ナチュラルクリーニングを知ってからは日々の生活にも少しずつ取り入れていくようになったのだけど、洗濯に粉石鹸を使う事が私にはハードルが高かったです。

 

どうしてかというと、粉石鹸で洗濯した時には石鹸カスの問題や黄ばみ、洗濯漕のカビの問題が付いて回ると思っていたから。

石鹸洗濯に失敗して石鹸カスがひどいとか、ニオイが気になるとかの話を見聞きすると、難しいそうだし、私にはできそうにないやって勘違いしてたんですよね。

 

でも、粉石鹸があれば掃除にも使えるし、ひとつあれば便利だよなと思ったので、思い切って挑戦してみました。

 

シンプルな材料で様々な用途に使えるのがナチュラルクリーニングの良いところだと思っています。

 

炭酸塩(炭酸ソーダ、炭酸ナトリウム)、セスキ、重曹、クエン酸、過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)、粉石けんがあればほとんどの掃除や洗濯はできてしまうんです。

 

もう用途別にたくさんの洗剤を買う必要はなくなりました。

お財布にも優しいし、環境にも優しい、身体にも優しいのです。

 

残念ながら例外もあって、粉石けんでの洗濯は合成洗剤で洗濯するよりもコストはかかります。粉石けんは結構、高いですからね。

 

 

粉石鹸での洗濯は泡立ちが重要

 

粉石鹸での洗濯のコツは泡立てることでした。

泡がない状態では、洗浄力はありません。

粉せっけんでの洗濯での泡立ち

すごい泡じゃないですか?
初めて粉石鹸を使った洗濯をしてみたけれど、すごい泡にビックリしました。

これはちょっと泡立ちすぎだけど、実際に洗濯物をいれて洗濯機をまわすと泡の量は減ります。

温度も大事だということで、お風呂の残り湯を使用。

 

追記
石鹸洗濯するときの泡の量だけど、洗濯物を入れて給水したあとは、アジサイの花よりちょっと多めくらいあれば十分ですよ。
石鹸洗濯を始めた頃に撮った写真なので、この写真のような状態は粉石鹸は多すぎかと思います^^

 

粉石鹸での洗濯、あわあわ洗濯の手順を紹介

 

  1. 洗濯物の量を洗濯機で量る
  2. 洗濯物を一度洗濯機から取り出す
  3. 低水位(20Lくらい)でぬるま湯を入れる
  4. 粉石鹸を少量のぬるま湯で規定量溶かして泡立てておく
  5. 粉石鹸を入れる前に先にぬるま湯を入れて溶かした方がいいそうです。逆にすると粉石鹸がダマになる。
  6. 溶かした粉石鹸を洗濯機に投入し、低水位で少しの間撹拌させる
  7. 泡だってきたら通常の水位までぬるま湯を入れる
  8. 泡立ちを確認して洗濯物を投入 3分ほどして、泡がなくなっていないかを確認 ⇒上の写真はこの時の状態で撮りました
  9. 泡立ちが足りなかったら、石鹸を追加する。石けんを追加するときは溶け残りの心配がない液体石鹸が便利です。
  10. 泡立ちに問題がなければそのまま洗濯すればOK

 

初めての粉石鹸での洗濯は石鹸カスがつくこともなく、上手に洗うことができましたが、粉石鹸での洗濯を初めて3回目くらいの時は少し失敗して黒い衣服に石鹸カスがついてしまってました。

 

石鹸カスがついた原因はおそらく最初の撹拌不足かなと思います。

 

面倒だったのでほんの少しの時間(2~3分?)しか低水位で撹拌しなかったのですよ。

粉石鹸が完全に溶けきれずに残ってしまっていたのかもしれません。

その後はちゃんと工程を守ってやっているので石鹸カスがつくようなことはありません。

 

【追記2018/10/10】

最近は少しやり方を変えていますので、紹介しておきます。

粉石鹸でのあわあわ洗濯の他のやり方を紹介♪
  1. バケツにお湯(40度くらい)をいれて、あらかじめ粉石鹸を完全に溶かしておく。
  2. 洗濯機で低水位(20Lくらい)に設定し、あらかじめ溶かした粉石鹸を投入。
  3. そのまま2~3分間、低水位のままで撹拌する。(あらかじめお湯で粉石鹸を溶かしているので撹拌は短い時間でOK)
  4. 撹拌後、通常の水位(50Lなど)に設定して洗濯機をまわす。
  5. 通常の水位にまでぬるま湯(水でもOK)を足した後に、泡立っているかを確認する。このとき泡が消えていたら石鹸不足です!液体せっけんを足しましょう。

 

洗濯機で長め(10分ほど)撹拌するよりは、あらかじめバケツで粉石鹸をお湯で溶かしておくと溶け残りがないことが確実にわかるので、この方法で最近は洗濯しています。

※溶かすときには、泡だて器を使ってます。

 

また、汚れがひどいものを洗濯するときは過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)を粉石鹸にプラスして、20Lの低水位まで40度前後のお湯を入れた後に1時間ほど漬け込んでます。

漬け込み後は、いつも通りに洗濯すると汚れもきちんと落とすことができるのでおすすめですよ!

タオルのカビとりはこの方法では落ちませんが、服についたシミ程度であればキレイに落ちてます。

【追記終わり】

 

 

粉石鹸で洗濯する場合の注意点

 石けん洗濯をするときの注意点

石けん洗濯を始める前には、洗濯槽のきれいに掃除してください。
洗濯槽が汚れていると、上手に石鹸洗濯できないことがあります!

 

石鹸洗濯の方が合成洗剤よりも洗浄力はあるそうなのですが、ひどく汚れた洗濯物はなかったので洗浄力に関してはあまりよくわかりませんでした。

【追記】

数年間、粉石鹸で洗濯してきて実感しているのは、合成洗剤での洗濯よりも確実に汚れは落ちています。おそらく目に見えない汚れも。

 

なぜなら、粉石鹸での洗濯を始めてからは部屋干ししたときや生乾きのときの嫌な臭いが全くありません!

合成洗剤での洗濯時にはかなり悩まされていましたが、粉石鹸での洗濯を始めてからは生乾き臭の悩みからは解放されました。

参考 生乾きのいやな臭いを消す方法!洗い方と干し方に注意しよう

参考 洗濯物の生乾きの臭いを酸素系漂白剤を使って対策する

 

粉石鹸での洗濯は、かなりおすすめですよ。

【追記おわり】

 

粉石鹸での洗濯でつかったのはそよ風、初心者向きです

 

ミヨシのそよ風という粉石鹸を使いました。

粉石鹸を投入する時の粉とびがちょっと気になりましたが、粉石鹸ってこういうものなのでしょうか?

初めて使うのでよくわかりません。

 

追記

いくつかの粉石鹸を使ったみてわかったのは、粉石鹸の種類によって粉の飛び具合はさまざまだということ。

ミヨシのそよ風は粉飛びは少ないです。

ねば塾のしらかばシリーズは粒子が小さいので、めちゃめちゃ粉飛びします。

 

 

参考 しらかば999を使った石けん洗濯

参考 自然丸の粉石鹸を使った洗濯

参考 ねば塾のしらかばSSを使って洗濯してみました

 

粉石鹸のそよ風の成分ですが、結構いろいろなものが入ってました。
もうちょっと調べてから買えばよかったかな?

ミヨシ-そよ風の成分

液体石鹸のそよ風の成分

ミヨシ液体石けんそよ風の成分

そよ風には金属封鎖剤といわれているEDTA-4ナトリウムも入っています。

硬度が高い地域では石鹸の泡立ちが悪いので、それを防止するためのもの。

 

私の場合、初心者なのでそよ風は泡立ちもよく使いやすかったけれど、次は炭酸塩と純石鹸だけで作られているものを購入してみようかなと思います。

 

今回は粉石鹸のそよ風しか使っていませんが、香料も入っているので独特の香りがします。
嫌いな香りではないけれど、好きでもない…。香りは個人差がありますから仕方ありません。私のような初心者には使いやすい石鹸でした。

 

使いやすかった粉せっけんについて記事にしています。粉せっけん選びの参考にしてみてください。

 

参考 石けん洗濯の必需品、おすすめの粉石鹸を紹介するよ

 

スポンサーリンク
おすすめの記事