グリセリンフリーファンデーション&日焼け止め

最近、グリセリンフリーって流行ってますよね?

乾燥肌の人にはグリセリンフリーってあんまりおすすめしないけど、ニキビや吹き出物なんかで肌の調子が悪いなら一度試してみてはいかがでしょうか。

グリセリンが肌に合わないって人もいますし、私もモノによっては肌が痒くなったり、皮脂でベタベタになったりします。

たぶん、グリセリンの量じゃないかと思うけど、ダメなものは本当にダメなんです。

ニキビや吹き出物で肌荒れしてるときは、スキンケアからメイクまでグリセリンフリーのものを使うようにしてます。

この記事では、グリセリンフリーのファンデーションや日焼け止め、下地を紹介しますね!

タップできるもくじ

グリセリンフリーの日焼け止め

日焼け止めってなかなか良い物が見つからないので、色々なメーカーのものを使ってます。

最近使い始めたグリセリンフリーの日焼け止めでかなり気に入っているのが、&be(アンドビー)の日焼け止め。

アンドビーの日焼け止めだけでなく、いくつかグリセリンフリーのものを見つけたのでまとめて紹介します!

& be(アンドビー)の日焼け止めはグリセリンフリーで紫外線吸収剤不使用(SPF50/PA++++)

アンドビーUVミルク

よく使ってるのが、アンドビーの日焼け止め(UVミルク)。

スタンダードはちょっと白くなるっていう口コミもあるんですけど、自然なトーンアップくらいのレベルなのであんまり気にしなくても大丈夫。

私は色白ではないけれども、白浮きすることもなかったですよ。

白くなるのが気になるなら、アンドビーのナチュラルベージュを選ぶといいかも?

もしくは、ナチュラルベージュとスタンダードを混ぜて使うか。

アンドビーのUVミルクはSPF50/PA++++なので日焼け止め効果もバッチリです。

紫外線吸収剤は不使用なのに、白くならないし、キシキシ感もゼロ!

ベタベタしないし、乾燥も気になりません。超優秀。

しかも、グリセリンフリーなんですよ、このUVミルクは。

河北祐介さんプロデュースのブランドでかなり人気があるから、日焼け止めも品薄で手に入りにくいんだけど、めちゃくちゃおすすめです。

実際に使ってみた感想を写真付きで書いてるので、興味があれば読んでくださいね!

レビュー

アンドビー(& be)のUVミルクを実際に使った口コミ!白くなる?自然なトーンアップです

【グリセリンフリーの日焼け止め】noUV(ノーブ)のホワイトUVプロテクター(SPF50/PA++++)

使ったことがないけれど、noUV(ノーブ)のジェルタイプの日焼け止めのホワイトUVプロテクターがグリセリンフリーです。

SPF50/PA++++のウォータープルーフタイプの日焼け止めで、美容外科の医師が監修してます。

【グリセリンフリーの日焼け止め】バジャーのオーガニックの日焼け止め(SPF30/PA+++)

バジャーの日焼け止め、オーガニック

Badger Company, ベビー用日焼け止めクリーム、SPF 30 PA+++、カモミール&カレンデュラ、87ml(2.9fl oz)

オーガニック成分が98%のバジャーの日焼け止めもグリセリンフリー。

紫外線吸収剤は不使用で、ノンナノでコーティングされていない酸化亜鉛が使われています。

成分:非ナノ粒子でコーティングされていない酸化亜鉛18.75%、*ヒマワリ種子油、*ミツロウ、トコフェロール(ヒマワリビタミンE)、*ローマカミツレ花油、*カレンデュラ花エキス、*シーバックソーン果実エキス

成分的にはとても良いけれども、オイルが多いためにベタベタになるから、私は使えませんでした。

ただ、赤ちゃんでも使えるような優しい日焼け止めなので乾燥肌さんとか、敏感肌さんには合うかもしれない。

沖縄に旅行したときにバジャーの日焼け止めを子供が使ったんですけど、こまめに塗り直してると全く日焼けしませんでした!

だから、日焼け止め効果はバッチリですよ~。

日焼け止めを塗った写真などもレビューしています。

レビュー

iHerbで人気!バジャーの日焼け止めは赤ちゃんにも使える


アイハーブではバジャーの日焼け止めは他にもありますよ。

すべて紫外線吸収剤不使用でグリセリンフリーの日焼け止めになります。

>> バジャーの日焼け止め一覧

グリセリンフリーの化粧下地

グリセリンフリーの化粧下地で最近使い始めたのは、オンリーミネラルのクイックホワイト。

ネット上の口コミは賛否両論だったんだけど、実際に使ってみるとすごく良かったです。

あとは、使ったことはないけどコフレドールの下地でもグリセリンフリーがあったので紹介します。

【グリセリンフリーの下地】オンリーミネラルクイックホワイト(SPF50+ / PA++++)

オンリーミネラルクイックホワイト

グリセリンフリーの日焼け止めを探していて、偶然にもオンリーミネラルで見つけました。

オンリーミネラルのクイックホワイトは日焼け止めというかトーンアップできる下地(SPF50+ / PA++++クレンジング不要美容成分配合)です。

肌の調子が悪いときはミネラルファンデーションを使うのだけど、化粧下地としてオンリーミネラルのクイックホワイトを使うようにしてます。

オンリーミネラルのクイックホワイトはグリセリンフリーで石鹸で落とせる下地なので、肌が痛んでるときは助かるんです。

紫外線吸収剤は不使用なので、敏感肌でも大丈夫だと思います。

紫外線散乱剤のみでSPF50+ / PA++++ってすごいですよね。

日焼け止めで紹介したアンドビーのUVミルクもだけど…。

レビュー

オンリーミネラルのクイックホワイト(下地)の口コミは悪い?実際に使ってみた感想

【グリセリンフリーの下地】コフレドールのスキンイリュージョンプライマーUV ( SPF50+ / PA+++)

コフレドールのスキンイリュージョンプライマーUVもグリセリンフリーの化粧下地になります。

日焼け止め効果はSPF+/PA+++なので、下地としては十分です。

コフレドールのスキンイリュージョンプライマーUVは紫外線吸収剤が使われているので、気になる人はいるかもしれませんね。

【グリセリンフリーの下地】オバジのマルチプロテクトUV乳液 ( SPF50+ / PA++++)

ビタミンCで超人気のオバジですが、UV乳液も出てました。

同じのマルチプロテクトUV乳液もグリセリンフリーの化粧下地になります。

日焼け止め効果も高い(SPF50+ / PA++++)ですが、紫外線散乱剤だけでなく紫外線吸収剤も使われているので気になる人はいるかもしれませんね。

オバジらしく、この下地には高濃度のビタミンCが配合されてるので日焼け止め効果だけでなく、日焼けによるシミやそばかすなどの色素沈着の予防にも良さそうです。

グリセリンフリーのファンデーション

グリセリンフリーのファンデーションを紹介します。

グリセリンフリーを知る前から使っていたファンデーションがたまたまグリセリンフリーでした。

もしかすると、グリセリンフリーのファンデーションは肌の調子が良くなるから、知らず知らずの間に愛用していたのかもしれません。

【グリセリンフリーのファンデーション】ベアミネラルのベアプロリキッドファンデーション(SPF20/PA++)

ベアミネラル リキッドファンデーション

かなり気にいっているベアミネラルのファンデーションです。

ナチュラルでマットに仕上がり、化粧持ちがかなり良く、崩れません。

長時間のメイクに耐えられる貴重なファンデーション。

ニキビができにくい処方だし、メイクが崩れやすい脂性肌(オイリー肌)でも使えますよ。

24時間持続というのがウリのファンデーションだから当然と言えば当然なのかも。

カバー力もあるので、しっかりと肌のアラを隠したい人にはピッタリです!

【グリセリンフリーのファンデーション】オンリーミネラルのミネラルファンデーション(SPF17/ PA++)

オンリーミネラルのミネラルファンデーション

長年愛用しているのがオンリーミネラルのミネラルファンデーションです。

今ストックしている分は、オンリーミネラルのミネラルファンデーション3種類。

  • ツヤ肌用
  • マット肌用
  • 薬用ホワイトニングファンデーション(医薬部外品)

最近は、だいたいベアプロのリキッドファンデーションか、オンリーミネラルのミネラルファンデーションを使ってます。

ファンデーションブラシもすごく使いやすいので、何本かストックしてます。

他にもチークもコスパが良すぎて、全然なくならないので蓋がすごく汚れちゃってます。

普段使ってるミネラルファンデーションも蓋が汚れてしまってるので、写真は自粛しました(笑)

オンリーミネラルのミネラルファンデーションの何がいいかっていうと、成分がかなりシンプルなこと。

残念なのは、日焼け止め効果が高くないことですね。

SPF17/ PA++しかありませんから!

成分:マイカ、酸化チタン、酸化鉄、酸化亜鉛

強めのピーリングなどの攻めのスキンケアをして肌が敏感になってるときでも、ミネラルファンデーションなら肌への刺激が少ないので助かってます。

オンリーミネラルの薬用ホワイトニングファンデーションは日焼け止め効果が高い!(SPF50+でPA+++)

オンリーミネラル薬用ホワイトニングファンデーション

オンリーミネラルの薬用ホワイトニングファンデーションはビタミンC誘導体が配合されているのでメイクしながら美白ケアができます。

薬用ホワイトニングファンデーションは医薬部外品でビタミンC誘導体なども配合されているので、全成分は普通のミネラルファンデーションに比べて多めです。

成分:リン酸L-アスコルビルマグネシウム、酸化亜鉛、マイカ、窒化ホウ素、 酸化チタン、黄酸化鉄、ベンガラ、黒酸化鉄、無水ケイ酸、トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル、水素添加ホホバ油

SPF50+でPA+++なので日焼け止め効果もあるので、夏には特におすすめです。

自然なツヤ肌になれますよ!

レビュー

オンリーミネラル薬用ホワイトニングファンデーションを使った口コミ!お試しセットがお得

ここで紹介したオンリーミネラルのファンデーションは全て石鹸で落とせるので、クレンジング不要なので肌にもやさしいです。

初めての方限定なんですけど、ファンデーションブラシと薬用ホワイトニングジュレまで付いて2090円(送料無料)のトライアルセットがお得です。

【グリセリンフリーのファンデーション】エトヴォスのミネラルファンデーション(SPF30/PA++)

エトヴォスのミネラルファンデーションもグリセリンフリーで、石鹸で落とせるのでクレンジング不要。

成分:マイカ、シリカ、酸化亜鉛、ステアリン酸、酸化チタン、水酸化Al、酸化鉄

エトヴォスのスターターセットはミネラルファンデーション、化粧崩れを防ぐパウダーやブラシだけでなく、洗顔料や化粧水、ヘアケアまでできるセットになってます。

9点もセットになっているので、めちゃくちゃお得なセットですよ♪

【グリセリンフリーのファンデーション】VINTORTEのミネラルファンデーション(SPF25/PA++)

VINTORTE(ヴァントルテ)のミネラルファンデーションもグリセリンフリー。

マスク生活で肌荒れ気味のお肌には石鹸で落ちて肌に優しいミネラルファンデーションが安心できます。

成分:マイカ、酸化亜鉛、酸化チタン、シリカ、シルク、水酸化Al、酸化鉄
ヴァントルテトライアルセット

ヴァントルテのトライアルセットはファンデーションだけでなく、基礎化粧品など11点がセットになっていていろいろとお試しすることができてお得です!

グリセリンフリーの日焼け止め、下地、ファンデーションについてのまとめ

グリセリンフリーの日焼け止めと下地、ファンデーションを紹介しました。

グリセリンフリーだと肌が乾燥しやすいというデメリットはあるけれど、グリセリンが合わないのであればグリセリンフリーのメイクをしたほうがキレイに見えます。

今回紹介した中で、実際に使ってみて特におすすめのアイテムを4つ紹介します。

ミネラルファンデーションはグリセリンフリーだし、石鹸で落ちるものが多くて肌にもやさしいので最近はよく使ってます。

マスクをしなきゃいけなくて肌荒れしがちな今は欠かせないんですよね~。

紫外線の強い夏には、オンリーミネラルの下地のクイックホワイトと薬用ホワイトニングファンデーションの組み合わせが最強かな。

クイックホワイトとファンデーションを併用するなら、トライアルセットがお得です。

  • 薬用ホワイトニングファンデーション
  • ファンデーションブラシ
  • 薬用ホワイトニングジュレ
56%オフ! 5060 ⇒ 2090円(税込)  送料無料

グリセリンフリーのスキンケアアイテム(洗顔料やクレンジング、化粧水、乳液など)については、こちらの記事で紹介しています。

参考

グリセリンフリーのスキンケア商品一覧。プチプラアイテム多めです

スポンサーリンク