市販のヘパリン類似物質 商品比較してみた

 

ヘパリン類似物質と聞くと、皮膚科で処方してもらえる『ヒルドイド』が思い浮かびます。

『ヒルドイド』を製造しているマルホとコーセーの合弁会社が販売しているカルテHD(医薬部外品)は商品名変更(最初はカルテヒルドイドという名前だった)も含めて、かなり話題になりましたよね。

 

カルテHDを含めて、市販品でもヘパリン類似物質が含まれているスキンケア商品が数多く売られるようになってるから、もはやどれを選べばいいのかわからない…。

 

2020年後半に売り出されたものだけでも、

  • 健栄製薬のヒルマイルド(第2類医薬品
  • カルテHD(医薬部外品)

など。

 

ヘパリン類似物質を含む市販品は種類が多すぎて、どれを選べばいいのか迷いませんか?

 

 

市販されているヘパリン類似物質を配合してある医薬品も含めたスキンケア商品の

  • 剤型(タイプ)
  • 医薬品 or 医薬部外品
  • 有効成分
  • 口コミ
  • 価格、最安値はどの商品なのか

を順に解説していきます。

 

本記事を読めば、カルテHDなどのヘパリン類似物質配合の商品の違いや口コミ、評判、安く使えるのはどれか?などがわかりますので、ぜひ最後までお読みください!

 

 

タップできるもくじ

ヘパリン類似物質を含む市販のスキンケア商品の違い

 

ヘパリン類似物質を含む商品は大きく分けて2種類あります。

医薬品と医薬部外品
  • ヘパリン類似物質を0.3%以上含むものが医薬品(第2類医薬品
  • ヘパリン類似物質を0.3%未満含むものが医薬部外品

 

皮膚科で処方してもらえる『ヒルドイド』や『ビーソフテン』などは、ヘパリン類似物質が0.3%含まれています。

市販品でもOTC医薬品といわれるものはヘパリン類似物質を0.3%配合していますが、医薬部外品は濃度が不明です。

 

ヘパリン類似物質は副作用がほとんどないといわれているのですが、さいき(Saiki)などの濃度が0.3%の医薬品は長期使用してはいけないと書いてあるんです。

だから、スキンケア目的で長期使用するのであれば、医薬品ではなく医薬部外品を選ぶ方が安心できますよ。

 

また、剤型も5種類あることがわかりました。

剤型(タイプ)
  • ローション
  • 乳液
  • クリーム
  • オールインワン

 

ヘパリン類似物質以外にも有効成分を含んだ商品もあるので、わかりやすいように表にまとめました。

 

 

ローションタイプのヘパリン類似物質配合商品の比較と口コミ

さいきaローション

ローションタイプの中では、小林製薬のさいきローションやグラクソスミスクラインのHPローションを使ったことがあるけれど、べたつきも気にならなくて、使いやすかったです。

 

レビュー

さいき(Saiki)の口コミ!ヒルドイドと同じ成分配合で評判以上の効果だった

 

レビュー

市販のHPローション(ヘパリン類似物質配合)を実際に使ってみた口コミ!

 

エーザイのザーネメディカルスプレーは商品名からもわかるように、スプレータイプなので手が届きにくい背中などにも使いやすそうです。

 

医薬品 医薬部外品 ヘパリン類似物質濃度 有効成分
さいきローション × 0.3%
  • グリチルリチン酸二カリウム
  • アラントイン
ヒルマイルドローション × 0.3%
ザーネメディカルスプレー × 0.3%
ピアソンHPローション × 0.3%
HPローション × 0.3%
マーカムHPローション × 0.3%
カルテHD モイスチュア ローション × グリチルリチン酸ジカリウム
ヒルメナイドローションライト ×

 

 

さいきa ローションの口コミ

 

 

 

ヒルマイルドローションの口コミ

 

 

 

 

 

ザーネメディカルスプレーの口コミ

 

 

 

 

 

 

ピアソンHPローションの口コミ

 

 

 

 

 

HPローションの口コミ

 

実際にHPローションを使ってみましたが、とろみ系の化粧水でさいきローションで感じたピリピリとした刺激もなくて、とても使いやすかったです。

添加物が少ないのも気に入っています。

 

レビュー

市販のHPローション(ヘパリン類似物質配合)を実際に使ってみた口コミ!

 

 

マーカムHPローションの口コミ

 

 

 

 

カルテHDモイスチュアローションの口コミ

 

 

 

 

 

matsukiyo ヒルメナイドローションライトの口コミ

 

 

 

乳液タイプのヘパリン類似物質商品の比較と口コミ

ヘパソフト

乳液タイプの商品です。

商品名にローションとついてあっても、乳液タイプのものがありました。

 

この中ではヘパソフトを使ったことがあるんですけど、ヘパソフトの保湿力はかなり高いです。

ただ、夏はべたつきがちょっと気になりました。

 

レビュー

【さいき・イハダ・ヘパソフト比較】長期使用は大丈夫?乾燥による肌荒れにおすすめ

 

乾燥肌の人だったら、ローション(化粧水)タイプよりも乳液タイプの方が好みかもしれません。

 

医薬品 医薬部外品 ヘパリン類似物質濃度 有効成分
さいき乳液 × 0.3%
  • グリチルリチン酸二カリウム
  • アラントイン
ドライキュア乳液 × 0.3%
  • ジフェンヒドラミン
  • アラントイン
  • トコフェロール酢酸エステル
ヘパソフト ×
  • グリチルリチン酸二カリウム
  • アラントイン
カルテHD モイスチュア エマルジョン × グリチルリチン酸ジカリウム
ヒルメナイドローション ×
SKINAUTHORITY ヘパリンローション × グリチルリチン酸ジカリウム
NALC薬用ヘパリンミルクローション
× グリチルリチン酸ジカリウム

 

 

さいき乳液の口コミ

 

 

 

イハダ ドライキュア乳液の口コミ

 

 

 

ヘパソフト 薬用 顔ローションの口コミ

 

 

 

カルテHD モイスチュア エマルジョンの口コミ

 

 

 

ヒルメナイドローションの口コミ

 

 

 

SKINAUTHORITY ヘパリンローションの口コミ

 

アマゾン限定ブランドになります。
 

肌と合わない、ニキビが出た。

評価が高いので、使ってみましたが、どうやら私の肌と合わないようですが、ニキビができています。
私はあまりニキビが出ないタイプので、合わないものを使ったらすぐ分かります。
また使用感が重いと思いますが、そんなに乾燥ではない方ならおすすめしません、とにかく毛穴が詰まってるような重い使い心地でした...とりあえず体のローション、ハンドクリームとして消費するしかないです...

 

治った

長時間メイクをしていなければいけない仕事なため、それが原因なのか年齢とともに肌が荒れやすくピリつくようになりました。
使い始めはあまり効果を感じませんでしたが、
ひと月と少しくらい使い続けたら同じ環境でも肌が荒れなくなり、
肌のターンオーバーの頃に効果を感じました。
流行りの低刺激で肌の調子を整えるツボクサ系の化粧水(CICAとうたってる品)何社か使っても吹き出物が改善されなかったのですが
こちらに変えてからは調子が良いです。
肌がピリつくこともなくなりました。
そもそもの原因が違ったのかもしれませんがCICAクリームよりこちらのほうがわたしにはとてもあっていました。

 

 

NALC薬用ミルクローションの口コミ

 

保湿力

保湿力がもう少し欲しい気がします。

 

肌荒れによく効く

去年の冬、肌荒れでヒルドイドを処方されたので、今年は市販品を買いました。
色々化粧品を試したのですが、この中でもかなり好感触です。香りややべたつきもなく、全身と顔で使えますので、風呂上がりにこれと化粧水があればよいのがいいです。
前の化粧品で出た吹き出物が収まりました。
冬場特に敏感肌になるひとにはおすすめです。
ボトルのデザインがシンプルでおしゃれなのも良。

 

 

公式サイト NALC薬用ヘパリンミルクローション

 

クリームタイプのヘパリン類似物質商品の比較と口コミ

 

医薬品 医薬部外品 ヘパリン類似物質濃度 有効成分
ヒルマイルドクリーム × 0.3%
ザーネメディカルクリーム × 0.3%
ピアソンHPクリーム × 0.3%
ピアソンHP油性クリームEX × 0.3%
  • グリチルリチン酸二カリウム
  • トコフェロール酢酸エステル
HPクリーム × 0.3%
ヘパソフトプラス ×
  • ジフェンヒドラミン
  • クロタミトン
  • パンテノール
カルテHD モイスチュア クリーム × グリチルリチン酸ジカリウム
ヒルメナイド油性クリーム ×
SKINAUTHORITY ヘパリンクリーム × グリチルリチン酸ジカリウム

 

 

ヒルマイルドクリームの口コミ

 

 

 

 

ザーネメディカルクリームの口コミ

 

 

 

 

ピアソンHPクリームの口コミ

 

 

 

 

ピアソンHP油性クリームEXの口コミ

 

アマゾンやツイッターでの口コミはありませんでした。

 

 

HPクリームの口コミ

 

 

 

 

ヘパソフトプラスの口コミ

 

 

 

 

 

カルテ ヒルドイド モイスチュア クリームの口コミ

 

 

 

matsukiyo ヒルメナイド油性クリームの口コミ

 

 

 

SKINAUTHORITY ヘパリンクリームの口コミ

 

手堅い作りの良いクリームです

製造販売元は株式会社コスモビューティーです。
あまり知られていない(私も調べるまで分かりませんでした…)ですが、化粧品などのOEMメーカーで、売上高約400億円という大きな会社です。
今回、自社ブランドでリリースされた本製品ですが、ほぼ無臭の使いやすいクリームとなっています。
保湿作用と血行促進作用があるヘパリン類似物質と、消炎作用があるグリチルリチン酸ジカリウムが有効成分として記載されていました。
使ってみましたが、しっかり保湿効果が感じられて良かったです。

 

ヒルドイドとはまるで違いました。。。

同じヘパリン類似物質ということで信頼して買ってみたけれど、ヒルドイドには遠く及ばないものでした。正直、最近どうして手がこんなに荒れるのだろうと考えた時に、この商品を使い始めてから手が老けてしまったことに思い当たりました。ニベアの方がよっぽどよかった。評価しているみなさんはヒルドイドを使ったことがあるのかしら。

 

 

 

泡・オールインワンタイプのヘパリン類似物質商品の比較と口コミ

 

医薬品 医薬部外品 ヘパリン類似物質濃度 有効成分
ナチュラブルプラス ヘパフォーム × 0.3%
カルテHD モイスチュア オールインワン × グリチルリチン酸ジカリウム
ドライスキン薬用ホワイトミルク ×
  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • プラセンタエキス

 

ナチュラブルプラス へパフォームの口コミ

 

残念ながら、アマゾンやツイッターでの口コミはありませんでした。

泡タイプのヘパリン類似物質ということでかなり珍しいですが、とても塗りやすそうな感じはします。

 

 

カルテ ヒルドイド モイスチュア インストールの口コミ

 

 

 

 

 

MICHIURU ドライスキンホワイトミルクの口コミ

 

Twitterでの口コミを見つけたので紹介します。

 


ヘパリン類似物質以外にも女性にうれしい成分が数種類配合されているオールインワン乳液です。

  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • プラセンタエキス
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • ヒト型セラミド

 

美白有効成分のプラセンタをはじめとして、保湿成分のヒアルロン酸やヒト型セラミドなども配合されています。

 

お肌の手入れがMICHIURUドライスキンホワイトミルク1本で済ませられるのは、ラクでいいですね。

 

公式サイト乾燥肌向け薬用ホワイトミルク

 

 

ヘパリン類似物質は配合されてませんが、保湿力があって美白などのエイジングケアも期待できるプラセンタ美容液はいかがでしょうか。

 

REプラセンタ美容液は保湿力が高いです。

  • プラセンタ(国産サラブレット由来の馬プラセンタエキス)
  • グロスファクター(EGF、FGF、IGF)
  • ヒト歯髄幹細胞培養液(ヒト型幹細胞の中でも一番再生力が高い)

 

公式サイト 肌ケアの革命 次世代成分の美容液「REプラセンタ美容液」

 

 

【最安値の化粧水】1mlあたりの価格を比較

 

ヘパリン類似物質の化粧水の最安値は、

になります。

 

さいきaローションは定価で計算するともっと高くなるのですが、アマゾンでの割引後の価格だと最安値になりました。

 

医薬品or医薬部外品 容量 価格 円/ml
さいきローション 医薬品 100g 1961円 19.61g/円
ヒルマイルドローション 医薬品 60g 1493円 24.89g/円
ザーネメディカルスプレー 医薬品 100g 1980円 19.8g/円
ピアソンHPローション 医薬品 50g 1100円 22g/円
HPローション 医薬品 50ml 1162円 23.24ml/円
マーカムHPローション 医薬品 50g 1100円 22g/円
カルテHD モイスチュア ローション 医薬部外品 150ml 1980円 13.2ml/円
ヒルメナイドローションライト 医薬部外品 100ml 2178円 21.78ml/円

 

価格は、定価もしくはアマゾンや楽天での最安値を記載しています。

カルテHDは、アマゾンや楽天は定価よりも高く設定されていますからドラッグストアなどの店舗で買う方が安いです。(2021/2時点)

 

 

【最安値の乳液】1mlあたりの価格を比較

 

ヘパリン類似物質の乳液の最安値は、

になります。

 

アマゾンオリジナルブランドは1mlあたり7円と激安です。

医薬部外品なのでヘパリン類似物質がどのくらい含まれているかは不明ですが、肌に合うなら一番お得ですよ。

 

医薬品or医薬部外品 容量 価格 円/g
さいき乳液 医薬品 80g 2006円 25.075円/g
ドライキュア乳液 医薬品 50g 1100円 22円/g
ヘパソフト 医薬部外品 100g 1182円 11.82円/g
カルテHD モイスチュア エマルジョン 医薬部外品 120g 1980円 16.5円/g
ヒルメナイドローション 医薬部外品 50g 1306円 26.12円/g
SKINAUTHORITY ヘパリンローション 医薬部外品 200ml 1429円 7円/ml
NALC薬用ヘパリンミルクローション
医薬部外品 200ml 2930円 15円/ml

 

価格は、定価もしくはアマゾンや楽天での最安値を記載しています。

カルテHDは、アマゾンや楽天は定価よりも高く設定されていますからドラッグストアなどの店舗で買う方が安いです。(2021/2時点)

 

 

【最安値のクリーム】1gあたりの価格を比較

 

ヘパリン類似物質のクリームの最安値は、

になります。

 

 

医薬品or医薬部外品 容量 価格 円/g
ヒルマイルドクリーム 医薬品 60g 1705円 28.42円/g
ザーネメディカルクリーム 医薬品 25g 660円 26.4円/g
ピアソンHPクリーム 医薬品 50g 1100円 22円/g
ピアソンHP油性クリームEX 医薬品 50g 1486円 29.72円/g
HPクリーム 医薬品 60g 1535円 25.59円/g
ヘパソフトプラス 医薬部外品 50g 1000円 20円/g
カルテHD モイスチュア クリーム 医薬部外品 40g 2530円 63.25円/g
ヒルメナイド油性クリーム 医薬部外品 50g 1306円 26.12円/g
SKINAUTHORITY ヘパリンクリーム 医薬部外品 90g 1492円 17円/g

 

価格は、定価もしくはアマゾンや楽天での売値の安い方を記載しています。

カルテHDは、アマゾンや楽天は定価よりも高く設定されています(2021/2時点)

 

【最安値の泡・オールインワン】1gあたりの価格の比較

 

ヘパリン類似物質の泡タイプかオールインワンの最安値は、

になります。

 

医薬品or医薬部外品 容量 価格 円/g
ナチュラブルプラス ヘパフォーム 医薬品 180g 4950円 27.5円/g
カルテHD モイスチュア オールインワン 医薬部外品 100g 2970円 29.7円/g
ドライスキン薬用ホワイトミルク 医薬部外品 50ml 2178円 43.56円/ml

 

価格は、定価もしくはアマゾンや楽天での売値の安い方を記載しています。

カルテHDは、アマゾンや楽天は定価よりも高く設定されています(2021/2時点)

 

 

ヘパリン類似物質配合のスキンケア商品の最安値のまとめ

 

医薬品の最安値
医薬部外品の最安値

 

 

【参考】カルテHDの使い方動画

 

カルテHDのローションと乳液の使い方の動画がアップされていたので載せておきます。

 

 

また、カルテHDはオンライン限定でトライアルセットの販売をしています。

公式サイトカルテHDトライアルセット

 

 

スポンサーリンク