我が家はバスマットは綿のものやマイクロファイバーのバスマットなどいくつか使っていますが、その中でもマイクロファイバーのバスマットに黒かびがついているのが気になって仕方ありませんでした。

 

綿100%なら粉石けんと酸素系漂白剤での煮洗いをすると黒かびはキレイに落とせるのだけど、マイクロファイバーは極細のナイロンやポリエステルでできているので煮洗いは禁止です。

参考 煮洗いで黒かびのついたタオルのお手入れ。キレイに落ちるよ!

 

さて、どうしようか。

処分してしまってもいいけれど、一度自分でマイクロファイバーの黒かびを落とせないかを確かめてからでも遅くないと思ったので煮洗いではなく、漬け置き洗いで試してみました。

 

さて、どうなったのでしょうか?

 

 

軽い煮洗いでマイクロファイバーのバスマットの黒かび退治

 

極細のナイロンやポリエステルでできているマイクロファイバーのバスマットは高温に弱いので煮洗いはもちろん、乾燥機もNGのことが多いみたいです。

 

我が家の全体的に黒ずんでしまったマイクロファイバーのバスマットは残念ながらタグがなくなってしまっていたので、どれくらいの温度まで大丈夫なのかもわかりませんでした。

そこで自己責任で漬け置き洗いをしてみることにしたのです。

 

漬け置き洗い前の黒かびのついたバスマット

漬け置き洗いする前の全体的に黒ずんでしまっているバスマットです。

バスマットの黒かび (1)
バスマットの黒かび (2)

 

これだけカビで黒っぽくなっていてもニオイは全くないんですよ。不思議です。石鹸洗濯しているからなのかしら?

 

漬け置き洗いの方法

 

煮洗いのように高温ではできませんから、手で触れるくらいの温度までお湯を沸かした後、粉石鹸と酸素系漂白剤を投入。

その後、バスマットを漬け込みました。

 

バスマットの漬け置き洗い (4)

この後、3~4時間ほど放置です。

 

漬け置き洗い後の黒かびのついたバスマット

 

粉石けんと酸素系漂白剤で漬け置き洗いした後にバスマットを普通に洗濯しました。

するとこんな感じになりました。

バスマットの漬け置き洗い後 (1)
バスマットの漬け置き洗い後 (2)

 

どうでしょうか?

とてもキレイになりましたよ。煮洗いって凄すぎでしょう?

黒かびで汚れたものがあったら、ぜひ煮洗いしてみて下さいね。

バスマットの黒かび (2)
バスマットの漬け置き洗い後 (2)

 

バスマットの黒かび (1)
バスマットの漬け置き洗い後 (1)

 

マイクロファイバー製のものでも、高温の漬け置き洗いなら黒かび退治できることがわかりました。

だけど、基本は高温は禁止なので自己責任でやってくださいね。物によってはダメにしてしまう可能性もあると思いますので。

 

漬け置き洗いに使用したもの

 

マイクロファイバーなので煮洗いのように沸騰させたりはできませんが、高温洗濯用の粉石鹸を使いました。

使った粉石鹸はしらかば粉せっけん999(2.0kg)[粉末洗剤]です。それと酸素系漂白剤。

 

封入されているスプーン山盛1杯分の粉石鹸をいれました。ちょっと入れ過ぎかもしれませんけど、その辺は適当です。

酸素系漂白剤は粉石けんよりもほんの少し多めにいれました。

 

参考 石けん洗濯の必需品、おすすめの粉石鹸を紹介するよ

 

スポンサーリンク
おすすめの記事