赤星たみこさんの石鹸生活に関する本を読んでから、とろとろ石鹸というものに興味がわきました。

 

油汚れ&ホコリでベタベタ、ドロドロの悲惨な状態の換気扇までもが、とろとろ石鹸を使うことでとってもキレイに掃除できてたのですよ。

まさにピカピカに生まれ変わったよう。

 

とろとろ石鹸は油汚れに強いので、キッチンの掃除だけでなく、食器洗いにも使える万能石鹸!

実際に赤星たみこさんは毎日の食器洗いをとろとろ石鹸でやっていると本には書かれてありました。

 

いろんな用途に使えるとろとろ石鹸だったら、作ってみようと思いました。

 

いつも粉せっけんで洗濯しているので、材料はそろっていますから、あとは作るだけ!

写真入りでとろとろ石鹸の作り方を紹介します。

 

 

粉石けんでとろとろ石鹸を作る

 

先ほども書いたのだけど、赤星たみこさんの書籍で知ったとろとろ石鹸。

この書籍には石けん生活の良さについて色々と書かれてあるので一読することをおススメします。

とろとろ石鹸を作るのに使った粉せっけんは、ねば塾のしらかば粉せっけん999です。

汚れ落ちをよくする炭酸塩は入っていないので、お好みで追加してもよいです。

 

 

とろとろ石鹸で必要な材料と分量

 

先ほど紹介した本のレシピにはお湯1Lと粉石鹸1カップって書いてありますけど、そんなに大量に必要ないので自分流に量を減らして作ってみました。

 

 準備するもの

  • しらかば999添付スプーン4杯(粉せっけんは何でもOKです)
  • お湯(60℃くらい)600mL~700mL

とろとろ石鹸の作り方

 

何でもよいけど、少し大きめの容器に粉石鹸を投入。

とろとろ石鹸の作り方、粉せっけんを容器に入れる

これにお湯を少しずつ注ぎながら混ぜ合せます。

とろとろ石鹸作り方 、お湯を少しずつ加える

全て混ぜたらお湯が冷めるまで放置します。混ぜ終わったらもったりとした液体になっていました。

 

途中、ある程度混ぜたところで放置していたら上下に分離してしまっていたので再度、しっかりと混ぜ合わせましたら全体的に白くなりました。

※分離を防ぐためにもしっかりと混ぜてください。

 

しっかりと混ぜ終えたら、この状態でお湯が冷めるまで放置します。

 

とろとろ石鹸作り方 、粉せっけんが溶けたら固まるまで放置

 

私の場合は一晩放置しました。

とろとろ石鹸の完成

するとこんな感じでゼリーみたいになってます。混ぜ合わせる時にちょっと失敗してダマができてしまいました。

 

とろとろ石鹸というよりは、プルンプルン石鹸という感じの仕上がりかもしれない(笑)

でも掃除で使う分には何の問題もないそうなのでこれでOKです。

 

種類の違う粉せっけんでも、とろとろ石鹸を作ってみた

 

しらかば粉せっけん SS 2.5kgでも、とろとろ石鹸を作ってみました。粉石けんの種類によって違いはあるのでしょうか?

 

参考 とろとろ石鹸(プリン状石鹸)をしらかばSSで作りました

 

好みに応じてお湯の量を調整すれば、さらさらにしたり、もっと固くしたりできますよね。

 

とろとろ石鹸を使った掃除。やはり汚れ落としの威力が半端ない!

 

実際にとろとろ石鹸を使った換気扇の汚れ落としや、レンジの掃除について書いてありますのでよかったら読んでくださいね。

 

記事を読んでもらえるとわかるのですが、とろとろ石鹸の威力はすごかった…。

特に換気扇の掃除ではとろとろ石鹸が大活躍しました。写真入りなのでわかりやすかと思います。

 

参考 換気扇の掃除方法を解説!重曹やセスキでは落ちない汚れをとろとろ石鹸で落とす。

参考 頑固な汚れはセスキでは力不足、そんな時はとろとろ石鹸を使おう

 

みなさんも、とろとろ石鹸を使った掃除で、なかなか落ちないベタベタの油汚れの苦しみから解放されましょう♪

 

スポンサーリンク
おすすめの記事