食器洗いは固形石鹸がおすすめ!デメリットについても解説します!

この記事では、合成洗剤での食器洗いをやめて固形石鹸で洗うメリット・デメリットなどを解説しています。また、油汚れもスッキリと落とせる固形石鹸も紹介します。

合成洗剤は汚れを落とす力はすごいけれど、やっぱり手荒れが気になりませんか?

冬場はお湯で洗うので、合成洗剤とお湯の組み合わせは手荒れしやすくなります。

ゴム手袋をして洗えばいいんですけど、面倒なので素手で洗ってます…。

でも、石鹸だと合成洗剤に比べて手肌にやさしく、手荒れしにくいです。

ナチュラルクリーニングを取り入れてからは、なるべく合成洗剤を使わないように心掛けているので、食器洗いも石鹸でするようになりました。

今でこそ食器洗いも石鹸でやるようになったけれど、実は一度石鹸での食器洗いに挫折しています。

どうして挫折したのか?

それなのに何故、今は石鹸を使って快適に食器洗いができるようになったのか?

石鹸を使った食器洗いのメリットやデメリットについてまとめています。

  • 油汚れもスッキリ落ちる!

固形石鹸での食器洗いの3つのデメリット

固形石鹸で食器を洗う3つのデメリットについて書きますね。

デメリット
  1. 合成洗剤で洗うよりも手間がかかる
  2. ためすすぎができない
  3. 揚げ物をした鍋は2度か3度洗いが必要
   

デメリット①:合成洗剤で洗うよりも手間がかかる

石鹸で食器を洗う場合は、合成洗剤で洗うよりも手間がかかるのはデメリットです。

どんな手間がかかるかというと、しっかりと泡立てた状態で洗わないと汚れ落ちが悪いからです。

食器洗いに使うスポンジによっては、泡立ちの悪いものもあります。

泡立ちが悪いと、何度も石鹸をつけて泡立てるという作業が必要になりますからね…。

でも、パックスナチュロンの泡立ちのよいスポンジを使うことで、合成洗剤で洗うよりも手間がかかるというデメリットは解消されました。

デメリット②:ためすすぎができない

合成洗剤はためすすぎをするけれど、石鹸ではしない方がいいです。

ためすすぎをすると、一度離れた汚れが石鹸カスとなって再び付着してしまうのです。

固形石鹸で洗った食器は、すすぐまではなるべく水に触れないようにするのがおすすめです。

デメリット③:揚げ物をした鍋は2度か3度洗いが必要

油汚れは合成洗剤でも2度洗いが必要だったりするので、固形石鹸だけのデメリットというわけではありません。

でも、固形石鹸でも純石鹸といわれる石鹸だと、油汚れは非常に落ちにくいです。

揚げ物などの油汚れもスッキリと落とせる固形石鹸は数少ないですが、見つけましたよ。

暁ローブの固形石鹸を使うことで、油汚れの落としにくさも解消しました!

  • 油汚れもスッキリ落ちる!

固形石鹸での食器洗いの3つのメリット

固形石鹸で食器を洗う3つのメリットについて書きますね。

メリット
  1. 手肌にやさしい
  2. 泡切れがよいのですすぎがラク
  3. 洗い上がりがキュッキュして、スッキリ洗える
   

メリット①:手肌にやさしい

石鹸で洗う最大のメリットは、石鹸は合成洗剤よりも安心な成分が使われていることです。

手肌にやさしいですからね。

もともと、合成洗剤で食器を洗っても手荒れすることはなかったけれど、お湯を使って食器を洗うとやっぱり乾燥を感じてました。

でも、石鹸で食器を洗うようになってからは、乾燥を感じたりすることもほとんどありません。

主婦性湿疹などで悩んでいる方なら、合成洗剤から石鹸に切り替えてみる価値はあるかと思いますよ。

メリット②:泡切れがよいのですすぎがラク

合成洗剤で食器を洗うと、どこまですすげばいいのか、わからないときがありませんか?

石鹸だと、泡切れが驚くほどよいので、あっという間にすすぎが終わります。

もしかすると、水道代の節約になるかも?

メリット③:洗い上がりがキュッキュして、スッキリ洗える

泡切れが良いというのと関係しているかもしれないけれど、固形石鹸で洗うと洗いあがりがキュッキュとします。

合成洗剤で洗っても、キュッキュするかもしれないけれど、固形石鹸で洗った方が食器や調理器具がピカピカになるように感じてます。

石鹸での食器洗いを一度は挫折した理由

石鹸での食器洗いを止めた理由は、油汚れがキレイに落とせなかったから。

石鹸での食器洗いを挫折したときに使用していた石鹸は、台所用の純石鹸でした。

純石鹸は手肌には優しいのは事実だけれども、残念なことに油汚れをしっかりと落とす力はなかったです。

食器は基本的には食洗機におまかせなので、何も問題はないけれど、お鍋やフライパンなどは手で洗います。

天ぷら鍋とか炒め物をしたフライパンなど、油をたくさん使った料理をした日の洗い物を純石鹸で洗うと、それはもう、ひどいものでした。

油汚れがひどい物を石鹸で洗うと石鹸カスだらけでベタベタ、ヌルヌルが取れずにシンクまで汚れてしまう始末。

あまりの不便さに挫折してしまい、合成洗剤に戻りました。

やっぱり市販の合成洗剤は油汚れには強いなぁと思います。

誰でも簡単に洗い物ができてしまいますから。

それだけ強力ならデメリットもあって、手肌に優しくない。

合成洗剤で一番イヤなのは、合成洗剤だとどれだけ濯げば洗剤が落ちているのかわかりにくいこと。

だから、できれば石鹸で洗いたかったのです。

台所用石鹸のおすすめを紹介!暁ローブ固形石鹼で食器洗いがストレスなくできる!

暁ローブ固形石鹼

食器洗い用ではないのですが、暁ローブ固形石鹼は一番油汚れがスッキリと落ちる石鹸です。

いつも石鹸百貨でまとめ買いしています。

最近は10個までしか買えなくなって残念なんですけどね…。

台所用石鹸のおすすめは暁ローブの固形石鹸

純石鹸と暁ローブの固形石鹸で何が違うのでしょうか?

暁ローブの成分は純石けん分(82%脂肪酸ナトリウム)、けい酸塩です。

暁ローブ固形石鹸は、ケイ酸塩が配合されているために、油汚れに強いのです!

ケイ酸塩は強い成分なので手肌が弱い人は手が荒れるかもしれませんからゴム手袋をした方がいいかもしれません。

私はいつも素手で洗ってますけど、手が荒れたことはありません。

合成洗剤よりは手荒れしにくいですよ!

  • 油汚れもスッキリ落ちる!

暁オリブの台所用石鹸は手荒れしやすい人でも使える石鹸

暁ローブ固形石鹼

大量に買い込んだ暁ローブの固形石鹸がなくなってきたので、また注文しようと検索すると、台所用の石鹸が暁石鹸から発売されていることを知りました。

そこで、買ってみたのがオリブ キッチンソープです。

あかつきオリブキッチンソープの成分は、脂肪酸ナトリウム(石鹸)と珪藻土です。

珪藻土って聞いたことありますよね?

珪藻土は水分や油分を大量に保持することができるので、バスマットに利用されたり、耐火性と断熱性に優れているため塗り壁として使われたりもしています。

オリブキッチンソープは珪藻土が含まれているため、細かい粒子があって研磨剤の役目も果たしているので、ちょっとしたコゲだったら、落とすこともできるのです。

油汚れもきちんと落とせるし、かなりの優れものなので、おすすめです。

ただし、売っているお店が少なくネットでもなかなか手に入らないようになりました。

やっぱりおすすめは、暁ローブの固形石鹸ですね。

  • 油汚れもスッキリ落ちる!
  • 珪藻土の研磨剤入り!

食器洗い用スポンジのおすすめはパックスナチュロンのスポンジ

パックスナチュロン食器洗いスポンジ

パックスナチュロンのキッチンスポンジは、すご~くいいです。

自信をもっておすすめできるスポンジ。

スポンジの目が粗いので空気をよく含みます。

だから、泡立ちがすごく良いうえに泡切れも早いという優れもの。

しかも、スポンジの目が粗くて、すぐに乾くので衛生的にもおすすめできます。

お値段はお手頃価格なのにも関わらず、なかなかヘコタレナイので1か月以上は十分に使えます。

2~3か月でも大丈夫かもしれないけど、スポンジは細菌が繁殖しやすいので頻繁に交換した方がよいそうです。

石鹸百貨なら、暁ローブの固形石鹸やオリブキッチンソープもパックスナチュロンのスポンジも同時に注文できて便利ですよ!

暁ローブ固形石鹼は、Amazonなどではほとんど売ってませんから…。

固形石鹸での食器洗いについてのまとめ

固形石鹸の暁ローブやオリブキッチンソープと出会ったことで、食器洗いも合成洗剤から石鹸へと無事に切り替えることができました。

何でも色々と試してみるものですね。

なかなか売っているお店が少なく、アマゾンや楽天でも取扱いがほとんどありません。

石鹸百貨で買うことをおすすめします。

  • 油汚れもスッキリ落ちる!
スポンサーリンク