石鹸とボディソープ

 

あなたは石鹸派ですか?それともボディソープ派ですか?

 

今は石鹸よりもボディソープを使っている人の方が多そうなイメージがあります。

泡立てが簡単ですからね。

泡で出てくるタイプのボディソープもありますし。

 

泡立てが簡単で手軽に使えるボディソープと石鹸ではどちらの方が肌にやさしいのでしょうか?

 

どちらを使うにしても、使いすぎると肌を傷める原因となるので注意してください。

 

 

石鹸とボディソープの違い

 

石鹸とボディソープの違いって何でしょうか?

 

牛乳石鹸のHPに記載してありました。

固形石鹸は、脂肪酸のナトリウム塩を主成分にしています。また、液体石鹸は、水に溶けやすい脂肪酸のカリウム塩を主成分にしています。固形石鹸も液体石鹸もpHが弱アルカリ性であることや、洗い上がりがさっぱりする特徴は同じです。
また、ボディソープには、石鹸を調合していない弱酸性のタイプもあります。弱酸性のタイプのボディソープは、一般的に洗い上がりがさっぱりしない(しっとりする)特徴があります。

 

 

石鹸とボディソープ、肌に優しいのは石鹸!その理由を解説

 

美容常識の9割はウソ』によると、石鹸の方がボディソープに比べて断然肌にやさしいとのこと。

 

石鹸とボディーソープの成分表示の違い
成分表示では、
石鹸は『石けん類』
ボディソープは『全身洗浄料』肌への刺激を考えると、石鹸の方がおすすめ。

 

 

ボディソープよりも石鹸の方が肌にやさしい理由は?

 

気になるのは、なぜ石鹸の方が肌にやさしいのかということですよね?

 

石鹸の方が肌にやさしい理由を解説していきますね。

 

肌はもともと弱酸性で、牛乳石鹸のHPにも書いてあるように石鹸のPHは弱アルカリ性。

すると、肌に石鹸の泡をのせたときに皮膚の上で中和され、石鹸の界面活性剤としての効果はすぐに失われます。

 

どういうことかというと、界面活性作用が肌の皮脂を取りすぎてしまうリスクが低いので、肌のバリア機能が界面活性剤によって壊されるリスクも低いということです。

 

一方で、ボディソープは界面活性剤としての効果が消えにくいです。

美容常識の9割はウソ』によると、ボディソープは石鹸のように自然に中和されて汚れと一緒に流れてしまうわけではないのだそうです。

 

ボディソープにもよるけれども、泡立ちをよくするためにラウレス硫酸ナトリウムなどの合成界面活性剤が使われていることも多いです。

こういった洗浄力や皮膚刺激の強い合成界面活性剤が使われていると、汚れだけでなく肌に必要な皮脂まで必要以上に取ってしまいます。

 

石鹸の界面活性剤は合成ではなく、植物や動物の油脂から作られているのでボディソープに比べれば肌にやさしいということ。

ただし、石鹸でも合成界面活性剤を使っている複合石鹸というものもあるので、買うときは成分表示を確認してください。

 

界面活性作用で肌のバリア機能を破ってしまい、肌の表面を傷つける可能性があるのがボディソープなのです。

ボディソープはしっかりと洗い流す必要がありますから、注意してくださいね。

 

 

石鹸とボディーソープ、経済的なのはどっち?

 

石鹸やボディソープもピンキリなので、一概にどちらが経済的ともいえません。

高い石鹸になると、1個1000円を超えるものもありますから。

 

ボディソープの1回の使用量はだいたい5mlらしいですね。

こんにちは。
花王公式サポートのスキンケア担当です。
ボディソープ30mlは何日くらい使えるか、というご質問ですね。

恐縮ですが、花王の全身洗浄料ビオレuを例にしてお答えいたします。
湿らせたタオルやスポンジなどに適量(小さじ1杯程度)をつけ、泡立てて洗うようにおすすめしています。
1回あたりの使用量が小さじ1杯程度(5ml)とすると、30mlでは計算上は6日分くらいになるでしょうか。

お使いのボディソープによって多少異なるとは思いますが、ご参考になりましたら幸いです。

 

今回は日本人にはおなじみの牛乳石鹸で計算してみます。

 

カウブランドの無添加せっけんは1個100gで定価150円。

だいたい1か月で使い切るとします。

すると、1回あたりのコストは5円。

 

ボディソープは同じくカウブランドの無添加ボディソープで550mlで定価800円。

1回あたりの使用量が5mlとすると110回使えるので、1回あたりのコストは7.3円。

 

固形石鹸の無添加せっけんの方が1回あたりのコストが低く、経済的ということになりました!

 

固形石鹸とボディソープはどちらが経済的か?
カウブランド無添加せっけんカウブランド無添加ボディソープ
値段

100gで150円

550mlで800円

1回あたりのコスト

1か月使えるとすると5円

1回5ml使うとすると7.3円

 

詰め替えタイプもあるので、調べて比較してみました。

 

固形石鹸とボディソープはどちらが経済的か?
カウブランド無添加せっけん【詰め替え】無添加ボディソープ
値段

100gで150円

400mlで500円

1回あたりのコスト

1か月使えるとすると5円

1回5ml使うとすると6.25円

 

詰め替えタイプで計算してみても、固形石鹸の方が経済的です。

 

 

 

 

 

無添加といってもボディソープは色々な成分が配合されている

 

さきほど、比較した無添加せっけんと無添加ボディソープですが、無添加といってもボディソープにはいろいろな成分が配合されてます。

 

無添加せっけんの成分は、シンプル。

石ケン素地

 

無添加ボディソープの成分はこちら↓です。

水、ミリスチン酸K、DPG、パルミチン酸K、塩化K、コカミドMEA、ジステアリン酸グリコール、ココイルグルタミン酸K、PEG-9M

 

 

石鹸とボディソープはどっちが肌によくて経済的かについてのまとめ

 

固形石鹸とボディソープも色んな種類があるので、絶対とは言い切れないけれども、一般的な石鹸やボディソープで比較した場合は、肌にやさしいのも、経済的なのも固形石鹸という結果になりました。

 

ボディソープが絶対ダメというわけではないし、こんなものでも固形石鹸の方がいいとも言い切れないので、自分の肌にあった洗浄剤を選んでください。

 

 

 

スポンサーリンク