アイハーブからの個人輸入。税関でひっかかって没収された話をしよう

 

アメリカの通販サイトのiHerb(アイハーブ)で商品を購入するようになって10年。

今回、初めて税関でひっかかりました(荷物が止められた)!

 

何でも、禁制品を購入してしまったみたいで、税関で見事にひっかかってしまったということなんです。

 

今もまだ手続き中で、注文した他の禁制品でない商品もまだ届いてないです。

届き次第、この記事に追記していきますね。

税関で引っかかった商品が没収されたのちに残りの荷物は無事に配達されました。

 

今後の参考になればと思い記事にします。

 

 

アイハーブからの個人輸入で禁制品が税関でひっかかる

 

アイハーブには禁制品についての記載があります。

読んでる人もいるのではないかな?

 

アイハーブでは日本政府の規則および規制を尊重し、本サイトで輸入禁止製品を掲載しないように全力を尽くしてくれているようなんですが、買えてしまうこともあるんです。

 

今回、私が個人輸入で引っかかったのも普通にアイハーブで買えてしまったんですよね。

でも、禁制品を確認しなかった私に責任があります。

 

個人輸入の禁制品、アガベシロップが引っかかった!

 

さて、どの商品が税関で引っかかったかというと、アガベシロップです。

2020/1/30現在はアイハーブのサイトでアガベシロップと検索しても、商品は出てきてないんですけど、注文した時には在庫アリでした。

 

アイハーブ ブルーアガベ

 

しばらくの間、アガベシロップは買ってなかったんだけど昔はよく買ってました。

レビュー

iHerbのアガベシロップは天然の甘味料

 

昔は何の問題もなく買えてたので、今回も普通に買っちゃったんですよ。

 

でも、いつの間にか甘味料は禁制品に指定されていたみたいでビックリです。

 

 

個人輸入では禁制品に気を付けよう!

 

アイハーブではこちらに禁制品についての記載があります。

 アイハーブでの禁制品について

 

いくらか抜粋してみると、

禁止されている商品及び成分:

以下の物質は日本への輸入が禁止されていますのでご注意ください:ケルプ、フーディア、アロエベラ以外のアロエ、バニラ、米、穀物、ナッツ、種子、生豆、ヘンプ(麻)を含む製品、ペット製品、肉製品(ジャーキー、エキスを含む)、乳製品、DHEA、また次のものを含む食品または飲料(アテノロール、アトモキセチン、アドラフィニル、アニラセタム、エチラセタム、オキシラセタム、ジヒドロエルゴトキシンメシル酸塩、ソマトロピン(遺伝子組換え)、タンニン酸バソプレシン、チアネプチン、デスモプレシン酢酸塩水和物、ナドロール、ニセルゴリン、ニモジピン、ネフィラセタム、ビンポセチン、ピラセタム、フロセミド、ブロモクリプチンメシル酸塩、プラミラセタム、プレグネノロン、プロカイン塩酸塩(外用剤を除く。)、プロプラノロール塩酸塩、レベチラセタム)が含まれているものなど。

制限されている商品及び成分:

ケルプで特別に許可が下りたもの: Sea Tangle Noodle Company, Kelp Noodles, 12 oz. (340 g); (1ヶ月に14個まで購入可能)

食品(サプリメント、プロテインドリンクなども含む) は、合計で10 kg (22 ポンド) までが、個人輸入で購入が許可されている重量となります。

1か月分の購入のみ認められている商品: エストロゲン( サプリメント)、7-Keto/7-Keto DHEA

2か月分の購入のみが認められている商品: メラトニン、ヨヒンべ、5-HTP、カフェイン、タウリン 、ヨウ素カリウム (Potassium Iodine/Iodide) 。

超過分は、場合により 日本に入った時点で没収、もしくは日本への発送前に取り除いて配送する場合もございます。 また1本分がすでに規定数量を超えている場合も没収の対象となりますのでご注意下さい。

化粧品のカテゴリに属するもの(シャンプー・コンディショナー・石鹸・歯磨き粉など含む) は、類目ごとに24個まで。例えば、石鹸は、リキッド、固形、洗顔用などを含めて24個までと なります。

重量や数量にかかわらず、砂糖や甘味料(メープルシロップ、アガベネクターなども含む)を輸入した際には、関税やその他の税が日本税関より徴収されます。砂糖や甘味料の重量が 1kg (2 ポンド)を超えた場合には、関税やその他の税が課せられる上に、 さらに日本税関により追加書類の提出が求められます。更なる詳細は、 ここからご確認下さい。

Raw Honey(生蜂蜜)は、注文金額が免税の範囲を超えた場合 (15,500円 以上)、 50%の関税がかかりますので、ご注意下さい。

以上の商品を注文された場合、税関審査の対象となる場合があり、通関手続きにお時間がかかる事がございます。

今回、税関で引っかかったアガベシロップに関して該当するのは、

重量や数量にかかわらず、砂糖や甘味料(メープルシロップ、アガベネクターなども含む)を輸入した際には、関税やその他の税が日本税関より徴収されます。砂糖や甘味料の重量が 1kg (2 ポンド)を超えた場合には、関税やその他の税が課せられる上に、 さらに日本税関により追加書類の提出が求められます。更なる詳細は、 ここからご確認下さい。

これだけ読めば、関税はかかるけれども個人輸入がダメとは思わないんだけど、注文したアガベシロップは輸入不可となりました。

残念です(^_^;)

 

これからは砂糖も輸入しにくくなるのかな??

今までは普通にココナッツシュガーを輸入してたんだけど。

 

今回はたまたま引っかかっただけなのか、よくわかりません。

他の方のブログを読んでても、禁制品なのに輸入できたと書いてある人もいるので、運が悪かっただけなのかもしれませんけど。

 

でも、禁制品についてはきちんとチェックしておいた方がよいですよ!

輸入に時間もかかるし、処分されてしまうし、良いことなど一つもありませんから。

 

 

個人輸入した商品が税関で引っかかったらどんな経過をたどるのか?

 

では、個人輸入した商品が税関で引っかかったらどんな経過をたどるのかを書いておきますね。

 

税関でひっかかると荷物が届くまでにかかる日数は?

 

今回、アガベシロップを注文したために税関で今も止まったままです。

アガベシロップを除いた商品は届けてもらえるみたいなんだけど、手続き中なんです。

 

まず、荷物の経過を今後の参考のために書いておくと、

税関で引っかかった場合の届くまでの日数
  1. 注文日が1/17
  2. アイハーブからの発送が1/23
  3. 税関での検査が1/24
  4. 書類を送付したのが1/28
  5. 荷物が届いたのが2/1

 

現在1/31ですが、今もこの状態で止まったまま。

 

2/1に無事に残りの荷物を受けとりました♪

 

通常は税関はその日のうちに通過して、翌日には手元に届くのに、3日ほど経過してもこの状態から変化がなかったので、アイハーブに問合せしました。

 

すると、輸入不可との連絡があったんですよ。

何か、時間がかかりすぎておかしいなぁとは思ってたんですけど、見事に不安は的中。

 

滅却同意書という書類を送付する必要がある

 

さて、税関で引っかかっても、他の商品は受け取れるみたいです。

禁制品だけが処分の対象。

 

滅却同意書というものを提出しました。

あとは、荷物が届くのを待つだけ。

 

今後、荷物が届き次第、この記事に追記していきます。

ということで追記すると、無事に2/1に荷物を受け取ることができました。

 

もちろん、禁制品のアガベシロップは没収ですが、その他の荷物は無事に配達されました。

 

そして、なんとアイハーブさんの方で没収されたアガベシロップの代金は返金してくれるとのこと♡

ありがたいです!

 

 

砂糖を含む甘味料は税関で没収される可能性あり

 

いろいろなやりとりをアイハーブさんとしているときに、ココナッツシュガーについても確認してみました。

 

いつの間にか、ココナッツシュガーも禁制品になってるみたいでアイハーブ側で買えないようにしているとのことでした。

 

今までココナッツシュガーを愛用してきたので、すごくショックです。

まとめ買いしているので、あと2袋くらいは在庫があるけど、それがなくなったらもうココナッツシュガーは使えないのかと思うと悲しい…。

 

ココナッツシュガーに代わる砂糖を日本で探すことにします。

 

 

まとめ

 

何度も書きますけど、アイハーブでは基本的に禁制品は買えないようになってますけど、たまに運悪く買えてしまうこともあります。

なので、自分で禁制品についてのページをしっかりと読んで個人輸入してくださいね!

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事