ちょっとした油汚れならセスキ炭酸ソーダで作ったセスキスプレーとアクリルたわしがあればラクに落とすことができます。

私は毎日の料理の後にコンロの掃除をするのだけど、汚れたその日に掃除するにはセスキスプレーが便利です。

 

だけど、しばらく放置してしまった頑固な汚れにはセスキスプレーでは力不足だと思ってます。なかなか落ちないんですよ。

今日は、そんな頑固な汚れ落としの方法について書いてみたいと思います。

 

 

セスキ炭酸ソーダの使い方

 

セスキもテレビや雑誌で紹介されていることもあって、今では重曹よりも人気があるんじゃないかなと思ってます。

重曹やクエン酸などと一緒にスーパーでも買えるようになりましたしね。

 

ちょっとした油汚れにはセスキスプレーが便利

ガスコンロの油汚れをセスキで掃除

料理後のコンロです。少し汚れているのが見えるでしょうか?

これくらいの汚れならセスキスプレーとアクリルたわしで問題なく落とせます。

スプレーして、アクリルたわしでさっと撫でるだけです。

ガスコンロをセスキスプレーで掃除したあと

ここまでキレイになりました。毎日スプレーして拭くだけなのでかなりラクです。

 

セスキスプレーの作り方

 

セスキスプレーの作り方はこちらに書いてあるので知らない方は見てくださいね。

 

参考 セスキスプレーor炭酸塩スプレーで油汚れを落とす

 

オーブンレンジ(電子レンジ)を掃除してみよう

 

使った後に毎回、拭いておけば汚れがたまることはないのだろうけど、扉を閉めてしまえば見えないということもあって、使うたびに掃除をしないんです。

そうすると知らない間に汚れが溜まってるんですよね。

 

オーブンレンジ掃除前

汚れのついたオーブンレンジ掃除前

汚いですね~(>_<)

 

掃除前の汚れたオーブンレンジの庫内

上の写真のように汚れています。

 

セスキスプレーでオーブンレンジの汚れ落とし

 

では、この汚れをセスキスプレーとアクリルたわしで落としていきたいと思います。

すると少しはキレイになりました。

セスキスプレーでの掃除後

セスキスプレーでオーブンレンジの掃除した後

掃除前に比べて、だいぶキレイになりましたが、まだまだ汚れています。

 

セスキスプレーで掃除したオーブンレンジの庫内

なかなか落ちないのでセスキスプレーをして、アクリルたわしで力を入れてこすりました。

目立つ汚れはだいたい落とせましたが、まだまだ気になります。

 

 

とろとろ石鹸でオーブンレンジの汚れ落とし

 

セスキでも落とせない頑固な汚れにはとろとろ石鹸が大活躍でしたよ。

参考 とろとろ石鹸は掃除に大活躍。作り方も紹介します!

 

とろとろ石鹸の使い方ですが、私は汚れの部分にとろとろ石鹸をおいてアクリルたわしでこすりました。すると茶色い汚れが浮き上がってきて白い石鹸が汚れてくるのですぐにわかります。

そして全体をこすったあとに、布巾で数回にわけてふき取りました。ピカピカとまではいかないけれど、はじめと比べたら雲泥の差です!!

 

とろとろ石鹸での掃除後

とろとろ石鹸でオーブンレンジを掃除した後

とろとろ石鹸でオーブンレンジを掃除したあとの庫内

ほとんど汚れがなくなりました。底面の点々とした汚れはまだ残ってますけど、もう十分なのでこれで電子レンジの掃除は終了です。

 

わかりやすいように掃除前と掃除後の写真を並べてみますね。

掃除する前の汚れたオーブンレンジ
とろとろ石鹸で掃除した前のオーブンレンジ
電子レンジ掃除前 (1)
とろとろ石鹸での掃除後 (1)

どうでしょうか?

とろとろ石鹸を使えば、ここまでキレイにすることができます。

 

まとめ

 

軽い油汚れならセスキスプレーがあれば、ラクに落とすことができます。別にアクリルたわしがなくても大丈夫ですよ。

 

毎日の料理の後の片付けの時にコンロ周りを掃除するのならセスキスプレーで十分対応できますが、長い間放置してしまった汚れは頑固なのでセスキスプレーだけでは落としにくいです。

 

頑張れば落とすことはできるとは思うけれど、ゴシゴシこすったり時間がかかると思うので、そんな時はとろとろ石鹸を使ってみてください。

スルスルと汚れが浮いてくるのがわかると思います。

 

初めてとろとろ石鹸を使った掃除をしてみたけど、その威力に感激です。これからはとろとろ石鹸は手放せそうにないです。

よかったら試してみてくださいね。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事