長雨が続く季節にはタオルの生乾きのニオイが気になりませんか?

 

私は、もう何年も梅雨時や天気が悪い時には悩まされてきました。

お風呂上りにタオルで身体を拭いたときに、タオルが臭い…、そんなことが何度かありました。

 

あの独特の臭いの原因は雑菌の繁殖なのです。
花王はモラクセラ菌という原因菌が衣類に残り、あの嫌な臭いを発生させていたと解明しました。

 

キレイに洗濯したつもりでもきちんと汚れが落ちていないのだろうし、汚れだけでなく原因菌を除去しないと臭いが残ってしまうんでしょうね。

洗剤や柔軟剤を抗菌、除菌効果がと宣伝されている商品を使ってみたりしたけれど、完全に生乾きの時の臭いがとれることはありませんでした。

 

そこで、色々と調べた結果にたどり着いた私なりの解決法を紹介したいと思います。

ちなみに今は部屋干しして洗濯物が乾くのに時間がかかったとしてもタオルの嫌なニオイはしません。

 

 

生乾き臭問題を解決、酸素系漂白剤を使って洗濯しよう

 

雨が続くときは、洗濯洗剤と一緒に酸素系漂白剤を入れて洗濯することにしています。

 

酸素系漂白剤を追加することによってアルカリ度が高くなるので洗浄力があがります。

酸素系漂白剤を使って洗濯したものは、部屋干しなどで、なかなか乾かなくても臭いがほとんどしません。

酸素系漂白剤は漂白効果や除菌効果もあるので消臭されるのだと思います。

 

追記
合成洗剤で洗濯していた時は、酸素系漂白剤をいれて生乾き臭の防止をしていました。 だけど今は粉石鹸で洗濯するようになり、酸素系漂白剤を入れなくても生乾き臭は全くしなくなりました。

 

私の個人的な感想だけど、粉石鹸を使った洗濯の方が合成洗剤での洗濯よりも汚れ落ちが良いので、ニオイの元となっている菌が洗濯物に残りにくいのかなと思います。

参考 生乾きのいやな臭いを消す方法!洗い方と干し方に注意しよう

 

粉石鹸での洗濯は合成洗剤での洗濯よりもコストもかかるし、手間もかかるけれど、汚れ落ちはとても良いのでおすすめですよ。

参考 粉石鹸と合成洗剤での洗濯コストを比較

 

酸素系漂白剤って何?

 

酸素系漂白剤は過炭酸ナトリウムとも呼ばれています。

身近なものだとスーパーでよく見かける粉末タイプのワイドハイタ―も過炭酸ナトリウムが主成分です。

 

液体のワイドハイタ―は過炭酸ナトリウムではなく、過酸化水素水が主成分となっています。

粉末タイプの方が液体タイプのものよりも漂白効果が強いです。

 

私が試してみた結果、酸素系漂白剤がない場合は炭酸塩(炭酸ソーダ)でも臭いは抑えられました。

でも、炭酸塩よりは酸素系漂白剤の方が手に入りやすいですよね。

 

ちなみに私はまな板などの台所用品の除菌や漂白目的でも使うので成分が酸素系漂白剤だけのものを使っています。

 

 

酸素系漂白剤は、茶渋落としなどにも使えるので、家にひとつでもあると便利ですよ!

 

生乾き対策!酸素系漂白剤を使った洗濯方法

clothesline-804812_640

 

洗濯洗剤と一緒に酸素系漂白剤を使います。

 

過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)は温度が上がると効力を発揮する(最適な温度は50℃~60℃)ので、ぬるま湯で洗濯してます(30分ほど漬け置き)

洗剤を使わずに酸素系漂白剤だけで洗濯したこともありますが、その時は1時間ほど漬け置きしていました。

 

あまり長時間漬け置きしていると生地が傷みやすいので注意が必要。

タオルのように綿素材なら1時間くらい漬け置きしても大丈夫ですよ。

 

殺菌目的で使うなら、50度以上の方が効果が高いです。温度が高くなると漂白や除菌のパワーが強くなりますからね。

 

 

酸素系漂白剤を使った洗濯での注意事項

 

酸素系漂白剤の漂白&除菌パワーはすごいですが、全ての衣類に使えるかというと、そうではなくてウールやシルクなどの繊維は洗ってはいけません。

 

通常の洗剤と比べて酸素系漂白剤や炭酸塩はPHが高く、アルカリ性が強いので綿や麻などの丈夫な衣類でないと生地が傷みます。

 

今話題のセスキ炭酸ソーダは炭酸塩よりはPHが低いので使いやすいかもしれませんね。

セスキで生乾き臭が抑えられるかどうかは、試したことがないのでわかりませんが…。

 

 

酸素系漂白剤のその他の用途

 

過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)は本当に優れもので、洗濯漕の掃除(カビとり)にも使えるんですよ。

参考 酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)を使った洗濯漕の掃除

 

その他にも台所用の布巾の漂白や食器についた茶渋取り、調理器具のコゲ落とし、ナチュラルなカビ取り、煮洗いにも使っています。

参考 酸素系漂白剤は食器にも使える!茶渋も落とせるよ。

参考 お鍋の焦げを酸素系漂白剤で落としてみる

参考 酸素系漂白剤を使ったまな板の漂白と除菌方法

参考 ゴムパッキンの黒かび除去は難しい

参考 煮洗いで黒かびのついたタオルのお手入れ

参考 ナチュラルクリーニング ~漂白剤は正しく効果的に使う~

 

色々なところに使うことができるのでかなり重宝しています。

これから少しずつ、酸素系漂白剤を使った掃除や洗濯についていきたいと思います。

 

使いやすかった粉せっけんについて記事にしています。粉せっけん選びの参考にしてみてください。

参考 石けん洗濯の必需品、おすすめの粉石鹸を紹介するよ

 

スポンサーリンク
おすすめの記事