最近はテレビや雑誌などでよくセスキ炭酸ソーダのことが紹介されていますね。

私もセスキを買っています。掃除の時に使うことが多いかな。

 

セスキを水に混ぜてスプレーを作っておくと気付いた時にシュシュッとスプレーしてアクリルたわしでこするだけで簡単な油汚れなら落ちるんですよ。

 

炭酸塩かセスキのスプレーがあれば、もうキッチンの油汚れ用の合成洗剤は必要ないです。

コストパフォーマンスも最高によくて、環境にも優しいとなると使った方が絶対にいいですよ!!

 

 

 

セスキスプレーはどこで使う?

 

セスキスプレーは、油汚れのひどいところに使ってます。

 

例えば、キッチンのコンロ周りだとか、電子レンジの中の拭き掃除などに使います。

 

あとは、スイッチ周りも手アカがついて黒ずんでいませんか?

手垢って意外と落としにくい汚れです。

だから、スイッチ周りの掃除にも、セスキスプレーを使ってますよ。

 

スイッチに直接吹きかけるのではなく、雑巾にセスキスプレーシュシュっと吹きかけてから、拭きとる感じです。

参考 スイッチ周りの手アカ汚れは意外に目立つのできちんと掃除しよう

 

セスキ炭酸ソーダ(炭酸塩)のスプレーの作り方

 

作り方は簡単で、スプレーボトル500ml分の水を入れて、小さじ1~2くらいのセスキ、もしくは炭酸塩を入れて出来上がり。汚れ具合に応じて入れる量を変えればいいと思います。

すごく簡単に作れるでしょう?

 

 

 

 

キッチンで使うセスキスプレーはより強力に作る

 

キッチンで使う用は少し多めに炭酸塩を入れたスプレーを作ってます。

普段の掃除にはセスキスプレーを使っているけど、コンロ周りのしつこい油汚れにはセスキではなく、よりパワフルな炭酸塩のスプレーを使ってます。

 

炭酸塩を多めに入れて作るだけで、油落ちがよくなりますよ。

 

 

セスキスプレーでも落ちない強力な油汚れはどうするの?

 

セスキスプレーでも落ちない強力な油汚れには、どうやって対処するのか?

 

それは、粉石鹸で作るとろとろ石鹸というものでキレイに落ちます。

とろとろ石鹸を使えば、とっても簡単に油汚れも落とせるのです!

 

換気扇の掃除をしたときに、とろとろ石鹸を使うとあまりにも簡単に油汚れが落ちるので感動しました。

 

 

粉石鹸でとろとろ石鹸の作り方

 

粉石鹸をカップ1杯をお湯1Lに混ぜ合わせます。そのまま放置してお湯が冷めたらとろとろ石鹸のできあがり。

 

とろとろ石鹸の写真入りの詳しい作り方は記事を見てくださいね。

参考 とろとろ石鹸は掃除に大活躍。作り方も紹介します!

 

セスキや炭酸塩のスプレーでも落ちない頑固な油汚れは、粉石鹸で作ったとろとろ石鹸で掃除をすると落ちるそうです。実はまだ私はとろとろ石鹸を作って掃除をしたことがないのでどれくらいキレイになるのかは書けません。

【追記2015/11/10】

セスキスプレーで落ちなかった頑固な汚れをとろとろ石鹸を使って落としました。効果は抜群でした。ビックリするくらい。

 

参考 頑固な汚れはセスキでは力不足、そんな時はとろとろ石鹸を使おう

 

とろとろ石鹸のことやあわあわ洗濯は、赤星たみこさんの書籍で知りました。

石鹸生活を始めるにあたってとても役立つことが色々と書かれていてとても興味深く読めました。

 

この本を読んで初めての粉石鹸での洗濯にチャレンジしようと思ったんです。少し前のブログ記事を読んでもらえばわかるけれど、結果は成功で粉石鹸での洗濯にはまっています(笑)

参考 粉石鹸で初めて洗濯をしてみました

 

 

しばらく掃除していない換気扇のベタベタ汚れにはとろとろ石鹸といわれているもので掃除するとピカピカになるみたい。食器洗いにも使えると書いてました。

 

昨年の年末の換気扇の掃除はかなり手こずったんですよね…。

その頃はナチュラルクリーニングなんてやってなかったので、色々な合成洗剤を使って悪戦苦闘してました。

 

あの頃にとろとろ石鹸のことを知っていたら、もっと楽にお掃除できたんだろうな…。

 

今年の換気扇のお掃除は粉石鹸でとろとろ石鹸を作ってチャレンジしてみたいと思います。

【追記 2015/11/10】

とろとろ石鹸で換気扇の掃除をしてみましたよ。汚れ落ちの良さに感動しました。

 

参考 換気扇の掃除方法を解説!重曹やセスキでは落ちない汚れをとろとろ石鹸で落とす。

参考 換気扇の掃除の必需品はとろとろ石鹸

 

粉石鹸を持っている方、とろとろ石鹸を作って換気扇の掃除をしてみてください。

きっと感動すると思います。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事