雨が続くと気になるのが、洗濯物の生乾きの臭い。

あの、なんともいえないくさい臭いは気分が落ち込みませんか?

 

お風呂上りに身体を拭いている家族から、

タオルが臭い!! ちゃんと洗濯してる?

失礼な! ちゃんと洗濯してるわ。

なんて会話を昔はしてました。

 

洗ったはずの洗濯物が臭いということは、ちゃんと汚れが落ちていないということ。

 

除菌効果を謳ってる洗剤も柔軟剤も使って洗濯しているにも関わらず、臭いなんて…。

 

わりと本気で悩んでいた時期があったんですよね~。

 

でも、今は雨が降り続いて部屋干しをする日が連続しても、洗濯物の生乾き臭に悩まされることはなくなりました!

 

どうやって、生乾きのいや~な臭いを解消したのかを紹介します。

 

 

洗濯物の臭いの原因は2種類の菌だった!

 

花王の研究により、洗濯物の嫌な臭いの原因を突き止められました。

 

 洗濯物の気になる臭いには2種類あります。

  • 生乾きの雑巾のような臭い
  • 汗をかいたあとの臭い
この2種類の臭いは気になりますよね?

 

実はこの2つは原因となる菌が違うんですよ。

 

生乾きの臭いの原因はモラクセラ菌

 

生乾きの臭いの原因となるモラクセラ菌が衣類に残ることで、あの嫌な臭いを発生させていたと花王は解明しました。

 

 

花王と愛知学院大学の河村好章教授は洗濯物を部屋干しした際などに生じやすい、ぞうきんのような臭いの原因菌を突き止めた。モラクセラ菌と呼ばれ、日常の生活空間にどこにでもいる常在菌の一種。洗い残したたんぱく質などを餌に増殖し悪臭を放つという。この菌は健康な人や動物には無害だが、免疫力が極端に低下していると日和見感染症を起こすことがある。

一般家庭から部屋干し臭やぞうきん様の臭いがする衣類を回収し、付着している微生物を抽出、寒天培地で培養・分離した。滅菌し水分を加えた中古タオルにつけて培養すると、モラクセラ菌をつけたタオルだけに、臭いのもとである化学物質4メチル3ヘキセン酸が大量に生成された。

 

日常の生活空間のどこにでもいるモラクセラ菌が、生乾き臭の原因だったのですね。

 

また、やっかいなことに、洗濯しても落とし切れてない汚れが積み重なると、生乾き臭の原因となるモラクセラ菌が繁殖します。

 

だから、毎回の洗濯できちんと汚れを落としておかないと、臭いの元になってしまうのです。

 

 

汗をかいたあとの臭いの原因菌はマイクロコッカス属細菌とスタフィロコッカス属細菌

 

汗をかいたあとの臭いについても、花王が原因菌を解明しています。

花王さん、すごいですねぇ。

 

汗をかいたあとの臭いの原因となるのは、マイクロコッカス属細菌やスタフィロコッカス属細菌というもの。

この菌も自然界にふつうにいる菌だし、人の皮膚にも存在しているのです。

 

汗をかいたあとの衣類のいや~な臭いを予防するためにも、生乾きの臭いの対策と同じように、原因となる菌を増やさないこと大切。

 

 

だから、原因菌を増殖させないためにも、毎回の洗濯できちんと汚れを落としておくことが、生乾き臭や汗をかいたあとの臭いを抑制する一番のポイントなのです。

 

生乾きの臭いや汗の臭いを消す方法

 

生乾きの臭いや汗の臭いを消すためには、柔軟剤の香りでごまかすことは一時しのぎでしかありませんから、やめましょう。

 

香りで臭いをごまかすのは意味ないです。

 

臭いの原因となる菌をやっつけないと、昔の私のように

毎日きちんと洗濯してるのに、臭いが取れない…。

と悩むことになりますよ。

 

 

原因となる菌を取り除くこと。除菌には酸素系漂白剤がおすすめ!

 

生乾き臭や汗臭の原因菌となる菌の数を減らしてあげることが大切です。

モラクセラ菌やマイクロコッカス属細菌、スタフィロコッカス属細菌を除菌するには、酸素系漂白剤が最適じゃないかと思います。

 

塩素系漂白剤のパワーは凄いけど、色柄ものには使えない。

酸素系漂白剤だったら、色がついてようが、柄がついてようが使えますから!

 

酸素系漂白剤が効力を発揮するのは、50℃~60℃くらいなので温度が低すぎても高すぎても効果が発揮できませんから、ちょっとだけ注意した方がいいです。

 

 

今までの汚れが蓄積して、ニオイがひどい場合は30分~1時間くらい漬けおきしておくと、効果的です。

参考 洗濯物の生乾きのニオイを酸素系漂白剤を使って対策する

 

洗濯槽の汚れを徹底的に落とす

 

洗濯槽が洗剤の溶け残りや黒カビなどで汚れていると、洗ってもまた汚れが付着してしまいます。

だから、1か月か2か月に1度くらいは洗濯槽の掃除をしましょう。

 

洗濯槽の掃除に使うのも、先ほど紹介した酸素系漂白剤です。

 

酸素系漂白剤はいろいろな用途に使えるので、ひとつあると便利ですよ!

参考 洗濯漕の掃除。おすすめのやり方と注意点を写真入りで紹介!

参考 酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)を使った洗濯漕の掃除

 

 

日々の汚れをしっかりと落とす

 

酸素系漂白剤を使って除菌したとしても、毎日の洗濯で汚れをきちんと落とせていなかったら、またいつか生乾き臭や汗臭が復活してきます。

 

まぁ、臭くなったらまた除菌するというのもアリなのですが…。

 

一番おすすめなのは、石鹸洗濯です。

 

石鹸洗濯って何かというと、合成洗剤ではなくて粉石鹸で洗濯することです。

これが、とってもおすすめなのです!

 

石鹸洗濯を始めてからは、生乾き臭に悩まされることは全くなくなりました!

合成洗剤では落とせなかった汚れでも、石鹸洗濯では落とせているのだと思います。

 

雨の日が続いて、部屋干しを何日も連続してやっても、タオルも衣類も全く臭くならないんですよ!

わざわざ酸素系漂白剤を使わなくても、粉石鹸を使って洗濯するだけで生乾き臭は防止できます。

 

粉石鹸を使って洗濯することのデメリットは、ちょっと手間がかかること。

失敗すると、石鹸カスが衣類についてしまったり、逆に黄ばみが出たりすることもありますから。

参考 粉石鹸で初めて洗濯をして汚れ落ちと洗い上がりに感動した

 

おすすめの粉石けんを紹介しています。

参考 石けん洗濯の必需石けん洗濯の必需品、おすすめの粉石鹸を紹介するよ

 

 

朝の忙しいときに洗濯に時間がかけられないという人は、日々の洗濯には除菌効果や抗菌効果のある合成洗剤柔軟剤を使って、ニオイが気になりだしたら酸素系漂白剤を使って除菌するのでも効果はあるのではないでしょうか。

 

 

すすぎはお風呂の残り湯ではなく、水道水を使う

 

お風呂の残り湯を使って洗濯している人は多いと思います。

石鹸洗濯するときは、お湯の方が粉石けんが溶けやすいので、お風呂の残り湯を使ってます。

 

でも、残り湯には雑菌がたくさんいるらしいので、すすぎは水道水を使ってください。

 

 

風通しをよくして、早く乾かすようにする

 

洗濯物が濡れていると、湿度が高い状態になっているので雑菌が繁殖しやすくなります。

だから、洗濯物を干すときも風がよくとおるように工夫することが大切。

 

雑菌が繁殖する前に乾かしてしまいましょう。

 

部屋干しするときは、外で干すときのように風がないので、サーキュレーターを使ったり除湿器を使うとより早く乾かせるでしょう。

 

 

 

まとめ

 

洗濯物の生乾き臭や汗臭を防ぐには、汚れを溜め込まずにしっかりと落とすことが重要だということがわかりました。

 

やっぱり一番のおすすめは粉石けんを使った石鹸洗濯です。

手間はかかりますけど、手をかけただけあって洗濯物がキレイに洗いあがるんですよ。

 

洗濯槽が汚れていてもダメなので、洗濯槽の掃除も定期的にやりましょう。

 

きちんと日々の汚れを落とすことで、あなたも衣類の生乾き臭や汗臭の悩みを解消できると思いますよ。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事