粉石鹸を使い始めたので油汚れに強いと評判のとろとろ石鹸も作りました。

前回、とろとろ石鹸を作った時はちょっとダマができてしまい失敗というほどではないえけれども、使い勝手は悪かったです。

 

今回はとろとろ石鹸作りのリベンジ!

とろとろ石鹸を作るのに使った粉石鹸はねば塾 しらかば粉せっけん999です。

参考 とろとろ石鹸は掃除に大活躍。作り方も紹介します!

 

しらかば粉せっけん999は純石鹸成分しか含まれていない無添加石鹸なので、炭酸塩が入っていません。

 

汚れ落ちをさらに良くしようと思うと炭酸塩も入っていた方がよいので、今回は炭酸塩も入っているしらかば粉せっけんSSでとろとろ石鹸を作ってみました。

 

 

とろとろ石鹸(プリン状石鹸)の作り方

 

私は赤星たみこさんの本でとろとろ石鹸という石鹸の存在を知ったので、とろとろ石鹸と言っていますが、NHKでは同じような石鹸のことをプリン状石鹸と紹介されていたそうですが、どちらも基本的な作り方は同じです。

 

とろとろ石鹸の作り方

 

とろとろ石鹸の作り方の記事でも書いていましたが、今回作ったやり方を書いておきたいと思います。

 

準備するもの
とろとろ石鹸を入れる容器
粉石鹸(今回は、しらかば粉せっけんSSを使用)
お湯600mL~800mL(分量は、お好みでどうぞ)

 

とろとろ石鹸の作り方の手順
  1. とろとろ石鹸を入れる容器に粉石鹸を約40g入れます。
  2. 50度以上のお湯を少しずつ粉石鹸の入った容器に注ぎます。
  3. ダマにならないようにしっかりとかき混ぜる
  4. 粉石鹸がなめらかになるまで溶かしたら、残りのお湯を注ぐ

写真付きで順を追って説明していきますね。

 

まずは、容器に粉石鹸を40gほど入れます。

とろとろ石鹸作り方 しらかばSS (1)
とろとろ石鹸作り方 しらかばSS (2)

 

 

この容器にお湯を少し注ぎ、ダマにならないようにかき混ぜます。

とろとろ石鹸作り方 しらかばSS (3)

混ざったら、少しずつお湯を足していきます。

とろとろ石鹸作り方 しらかばSS (5)
とろとろ石鹸作り方 しらかばSS (7)

 

 

お湯の量は適当で大丈夫ですよ。

私は前回作ったとろとろ石鹸がちょっと硬めのゼリーみたいになったので、今回はお湯の量を増やしました。

 

そして、この状態で冷めるまで放置します。

できあがったとろとろ石鹸はこんな感じになりました。

とろとろ石鹸完成 しらかばSS (1)
とろとろ石鹸完成 しらかばSS (3)

 

お湯を多めに入れてみたので、本当にとろとろになりました!!

初めて作った時は、ダマになるし硬めのゼリーのようになってしまったので少々使いにくかったのだけど、今回は使いやすそうな硬さのとろとろ石鹸ができたので大満足です。

 

水分が多めになっているので、汚れ落ち具合が気になるところですよね。

とろとろ石鹸の仕上がり具合を試すためにも換気扇の掃除でもやってみたいと思います。

 

以前に換気扇の掃除をするときに、とろとろ石鹸は大活躍しました。

参考 換気扇の掃除方法を解説!重曹やセスキでは落ちない汚れをとろとろ石鹸で落とす。

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事