キレイに洗濯する上で欠かせないものといったら漂白ではないでしょうか?

気を付けていてもシミは付いてしまいます。

子供はそんなことはお構いなしに汚してきますしね。

 

漂白剤についてよく知らない時は塩素系の漂白剤を使ったりしていました。

白物をより白くするには効果抜群だけど、ニオイもきついし、使うときは十分に換気をしなくてはならないし身体にも悪そうです。

塩素系漂白剤は色柄物には使えないし、時間が経つと黄ばみがでてきたりします。

 

だけど、今は酸素系漂白剤の存在を知ったので塩素系漂白剤の出番はめっきり減りました。

今回は漂白の種類と効果的な使い方について書いてみたいと思います。

 

 

漂白剤の種類

 

漂白剤には3種類あります。

種類によって用途が異なるのでピッタリ合った漂白剤を使うことが必要になります。

 

酸素系漂白剤

 

酸素系漂白剤でも液体と粉末があります。

基本的には色柄物やデリケートな繊維には液体タイプの酸素系漂白剤を使い、白物には粉末タイプを使用。

 

液体と粉末では粉末の方が効果が高いため、色柄物だと色落ちすることがあるので注意が必要です。

使う前に色落ちしないかチェックした方がいいですね。

 

デリケートな繊維には液体タイプのものを使用しますが、液体タイプの酸素系漂白剤は効果があまり感じられないので、色柄物でも粉末タイプの酸素系漂白剤を使っています。

でも色落ちしたことはないです。

 

液体タイプの主な成分は過酸化水素で、粉末タイプの主な成分は過炭酸ナトリウム。

洗濯する時に洗剤と一緒に入れることで洗浄力があがって除菌効果もあり。そして40度以上で効果が上がります。

 

塩素系漂白剤

 

酸素系漂白剤よりも効果が高いけれど、色柄物や毛や絹、ポリウレタンなどの繊維には使えません。

 

台所用の布巾や洗濯物についてしまったカビを除去するときに使う人も多いかもしれませんが、ニオイがきつく、酸性タイプの洗剤などと混ぜると有毒ガスを発生させるので絶対に混ぜてはいけません。

白物でも蛍光増白したものに使うと黄ばんでしまうことがあるので注意が必要。

 

還元漂白剤

 

酸素系漂白剤と全く逆の働きをする漂白剤です。

 

塩素系漂白剤の使用での黄ばみをなくしたり、鉄さびなどのシミにも効果的。

還元漂白剤というものをそもそも見たことがありません。業務用なのかしら?

 

酸素系漂白剤と塩素系漂白剤があれば、私には必要ないかな。

 

 

漂白剤の効果をUPさせる方法

 

温度を上げる

PHをあげる

漬け置きする

 

これら3つを実施することで漂白の効果はあがるけれど、やりすぎると脱色したり生地を傷めたりするので注意が必要です。

 

PHをあげるためにはアルカリ剤としては炭酸塩やセスキなどです。

アルカリ剤を混ぜることで漂白効果がUPするのでお手軽ですね。

漬け置き時間は5分から10分くらいが妥当です。

 

タオルを漂白する時は、30分くらいは漬け置きしますがそれで困ったことはありません。

漂白する前には目立たない部分で色落ちするか確かめた方が確実です。

 

まだまだ自分が納得できるほど上手に漂白(シミを落とす)できないけど、効果的に使い分けてさまざまなシミを家の洗濯で落とすことができれば、クリーニング代の節約にもなるかもしれないので頑張るぞ!!

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事