ドキュメンタリー映画のフード・インクという映画を知っているでしょうか。

私は以前にも書いたことがあると思うのですが、食べ物についてはこだわりがあります。健康に良い物、加工されてない自然な食べ物を食べたいと思っています。

 

だから加工食品はあまり買わないようにしているし、添加物たっぷりのハムや明太子はお中元やお歳暮でもらうもの以外はあまり食べないように気を付けてはいます。加工肉は癌になりやすいと報道されてましたしね。

全く食べないということは無理なので、たまに食べるくらいにしてます。ハムも明太子も美味しいから好きなんですけどね。

 

 

現代の食事は工業化されたフードシステム

 

フード・インクはDVDで見たのだけど、ある意味、衝撃的な内容でした。

米国の話なのだけど、現代の農業や牧畜は私たちが想像する農業や牧畜とは全く違います。

ファストフードはお手軽で安価に食べ物を手に入れることができますけど、どうして自分で素材を買って作るよりも手間がかかってるのに安いのでしょうか。それには理由があるんですよね。

 

不健康なニワトリ

なるべく安く、早く鶏を育てるためにせまい鶏舎で身動きできないほどのニワトリが大量に飼育されています。そして光を浴びないように中は薄暗くされていてエサを与えられ続けます。

その結果、従来の2倍のスピードで従来の2倍もの大きさのニワトリが育つのです。

 

そうやって不自然に育てられた鶏肉が健康なはずはないですよね。2歩ほど歩くと足の骨が折れるんですよ。

そのようなニワトリを回収しにくるのが、メキシコなどからやってきた不法労働者なのです。夜中の暗い時に成長したニワトリを一気に集めて工場まで運んでいくのです。

 

昔は牛にはO-157という大腸菌はいなかった

フード・インクにはあの恐ろしい大腸菌O-157の話も出てきます。

もともとは牛にはO-157なんていなかったらしいです。

 

では、何故O-157が存在するようになったのか。

牛は本来は草を食べて育ちますが、現代の牛は遺伝子組み換えのトウモロコシを食べています。すると本来食べるべきものではないので消化システムがうまく働かずに、O-157などの大腸菌に感染してしまうらしいです。

怖い話ですよね。

 

昔ながらの環境で育った家畜は健康

一方で昔ながらの環境で自然に育ったニワトリなどはとても健康なんだそうですよ。

細菌などの数を検査機関に調べてもらうと、自然な環境で育ったニワトリの方が圧倒的に細菌数が少なかったです。

だけど、日本では飼育環境まではわからないので、こういった健康的な鶏肉を手に入れるのが難しそうですよね。

 

安全な食べ物を手に入れるには自己防衛するしかない

 

安心、安全な食べ物を手に入れるには、自分で食品ラベルを毎回見るとか、産地を確認するとかの必要性があると思います。

企業は利潤を追求するために、人々の健康を犠牲にしているような気がします。

日本では遺伝子組み換えではないと書かれていたとしても、検査するとわずかな量は遺伝子組み換え作物が混入していることがあるそうですし。

だから私は豆腐や納豆を買うときは高いけれど、大豆の産地が明記されているものしか買いません。

豆腐なら九州産フクユタカ100%使用と書いているものを買っているし、納豆も北海道産の大豆100%のものを買っています。

大豆そのものは、水煮を買わずに乾燥豆から自分で戻して使っています。面倒なんですけどね。

遺伝子組み換えって害はないとか言われたりしているけれど、やっぱり怖いですから。

 

なるべく手作りする

ドレッシングもなるべく手作りするようにしています。そうすると無駄な添加物を取り入れなくても済みますしね。

面倒な時は時間がない時は市販のドレッシングを使うけれど…。

食パンもホームベーカリーで毎回焼いています。使う小麦粉も北海道産など日本産100%のものを使ってます。たまにオーガニックの外国製を使用することもあります。

焼き立てのパンは美味しいですよ。

お味噌汁などの出汁も昆布、煮干し、鰹節などを使ってますし、麺つゆも手作りしてます。

こういうのは買った方が安いのだけど、手間かけてやってます。

結局は家族や自分の健康を守るのは自分しかいないのだということをしっかりと頭にいれて、これからも少しでも自然な食べ物を食べていきたいと思っています。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事