バスルームの掃除はこまめにやっておけば、水アカや湯垢などの汚れも溜まらないけどついつい放置してしまいます。

 

浴槽内は毎日のように洗うんだけど、外側のバスエプロンまでは洗ってない。

 

すると水垢か湯垢か石鹸カスかわからないけれど、びっしり汚れがついてました…。

 

今回は浴槽エプロンの汚れを落としてみたいと思います。

 

 

浴槽エプロンの掃除前

 

バスルームって湿気が多いし、石鹸カスやらシャンプー、コンディショナーや皮脂汚れ、水垢、湯垢で汚れるし、カビが繁殖しやすい環境にあります。

色々な汚れが入り混じっているのがバスルーム。掃除が面倒なはずですよね。

バスルーム水あか掃除前
バスルーム水あか掃除前 (3明)

 

放置していたら、こんなに水垢か湯垢か石鹸カスか分からない汚れがびっしりと付いてました。おまけにカビらしい点が1か所あるし。

 

改めてみると汚~い!お恥ずかしい写真を載せてしまいました。 しっかりと掃除しなくては…。

 

浴槽内は毎日洗うので、セスキスプレーとかクエン酸スプレーを吹きかけた後にアクリルたわしでこするだけでキレイになります。

 

だけどここまで放置してしまうとなかなか落ちないですから、クエン酸スプレーとキッチンペーパーで湿布してみました。

バスルーム水あか掃除中、ティッシュで湿布する

本当はここで上から乾燥防止のためにラップを被せるとよかったんだけど、すっかり忘れていて、1~2時間後にバスルームに見に行くとキッチンペーパーが乾燥して剥がれてしまってました。

 

そこでもう一度クエン酸スプレーして、アクリルたわしでゴシゴシとこすりました。

さて、どこまでキレイになったでしょうか。

 

浴槽エプロンの掃除後

 

では掃除後の浴槽エプロンを見てください。

バスルーム水あか掃除後

どうでしょうか。キレイに水垢や石鹸カスらしき白い汚れはなくなりました。ポツッとあった黒カビらしきものも落ちましたよ。

 

ずいぶんとキレイになったね!

浴槽エプロンの下の方はちょっと黒ずんでいるのだけど水垢や石鹸カスではなく、湯垢だったようでまだその汚れは落ちてませんでした。

 

湯垢は人の垢や皮脂汚れなので酸性の汚れだから、酸性であるクエン酸では落ちません。アルカリ性のセスキや重曹なんかを使うと落ちやすいです。

 

重曹はクレンザーの役目も果たしてくれますから、頑固な汚れも落ちやすいですよ。

完全にキレイになったわけではないけれど、じっと目を凝らして見ない限り汚れてるのはわかりません。

 

とりあえず、今回の浴槽エプロンの掃除はここで終了。

 

これからは、こまめに掃除します!

ついでに天井や壁の掃除もしました。換気扇も分解して掃除するのが良いらしいけれど、そこまでできずに換気扇のフィルターだけ外して掃除しておきました。

 

天井はカビの温床になりやすいので、ここはこまめに拭いています。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事